初盆と新盆の違いは?:読み方や地域による違いがポイント

日本に古くからある行事のひとつとしてお盆があります。故人の死後、四十九日の忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆のことを、新盆(にいぼん)または初盆(はつぼん)と言います。

毎年夏になると故人やご先祖様の霊を祀るためにお盆が行われますが、この新盆または初盆では僧侶や知人を招いて法要を行ったりあらかじめ準備をすることがたくさんあります。

そして新盆と初盆ふたつの読み方がありますが、使い方や違いをみていきましょう。

新盆と初盆の意味・違いは??

新盆と初盆を行う時期と基準は、亡くなってから最初のお盆が新盆・初盆と誤解している人が多いですが、実際は忌中にお盆を迎えた場合は新盆・初盆は来年のお盆になります。

つまり、四十九日前にお盆を迎えた場合はその年のお盆ですが四十九日をお盆中、お盆を過ぎてから迎えた場合は来年のお盆になるということです。

お盆というのは8月15日を中心とした夏季のことなのでそのあたりをあらわすのでしょう。

同じ意味なのにどうして別の言い方をしているのかというと、地域や宗派によって呼び方に違いがあるからです。

基本的に関東は新盆と呼ぶことが多く、関西は初盆と呼ぶことが多いと言われています。ですが、西と東と大雑把な別れ方ではなく地域や市などによっても細かく呼び方が違うようです。

初盆、新盆以外の呼び方

先ほど地域や市などにより違うというお話をしましたが、例えば関東でも異なります。

東京では新盆と呼んでいましたが、関東の中でも千葉や神奈川では新盆(しんぼん)と呼んでいる方も多いです。

さらに茨城だと入盆(にゅぼん)、新盆(あらぼん)と呼ぶ方もいます。そして関西方面、四国、九州などでは、初盆(ういぼん)と呼ぶ地域が多いです。

新盆や初盆と書いて読み方が違うなど分かりづらいので、メディアや放送関連では、初盆(はつぼん)・新盆(にいぼん)と呼ぶことにしています。

どちらの呼び方にすべき??

地域によって呼び方が異なりますが、お盆の時香典の表書きなどどちらに統一すべきかということです。

新盆見舞いや初盆見舞い、御仏前などと表書きがたくさんありますが、この場合亡くなった相手方の地域に合わせるのが一番良いでしょう。

自分の地域が新盆(にいぼん)と呼ぶのに対し亡くなった相手側が初盆(はつぼん)と呼んでいるのなら初盆に合わせた方が良いという事です。

親族の場合あらかじめ確認しておくというのも良いでしょう。

まとめ

初盆・新盆は共に、亡くなった方の四十九日の忌明け後初めてのお盆のことをいいます。呼び方は違いますが意味は同じ意味です。

様々な呼び方がありますが、それぞれの地域性による使い方の違いであり、言葉の意味はまったく同じ意味をさしています。

言葉の意味は同じでも宗派や地位によって行事の解釈が若干異なる場合もあります。

地域や宗派により呼び方が異なるので亡くなった相手側に合わせることが良いのでわからない場合は事前に確認して方が良いでしょう。

記事の著者

冠婚葬祭の悩みをもっと見る