絵本専門士ってどんな仕事?絵本専門士の仕事内容となり方まとめ

絵本専門士という職業を知っていますか。絵本専門士は、多くの人にとって、あまり馴染みのない職業の一つでしょう。そのため、絵本専門士がどのような仕事をしているかを知っている人は多くないはずです。ここでは絵本専門士のなり方や仕事内容を紹介します。

絵本専門士とは

独立行政法人「国立青少年教育振興機構」によって2014年に設定された民間の資格です。まだ設定されて新しい資格のため、認知度があまり高くない資格なのです。

絵本専門士になるには

まだまだ歴史の浅い絵本専門士ですが、これからさまざまな場所で活躍が期待される資格ですので、取得を考えている人も多いでしょう。ではこの絵本専門士になるにはどのようにすればよいのでしょうか。以下で紹介します。

申込みのタイミング

まず、申し込みをすることから始まります。例年2月ころに絵本専門士の講座受講の申し込み受付が開始されます。年に一度しか申し込みができませんので、定期的に独立行政法人「国立青少年教育振興機構」のサイトを確認しておくようにしましょう。

講座受講者の定員が200人となっており、それ以上の応募があれば抽選で受講者がサイト上で発表されます。

必要な応募資格

絵本専門士の講座を申し込むにあたり、実は応募資格があるのです。

子どもや絵本に関連する資格を有する者、絵本に関わる実務経験が3年以上または絵本に関わる活動経験が3年以上、絵本学や児童文学、美術について研究実績を有する人という申し込み条件がありますので、誰もが受けられるというわけではないのです。

講座内容

絵本専門士の資格を取得するためには絵本専門士委員会が定めたカリキュラムを学ぶ必要があり、絵本や子どもに関する知識や感性について学びます。

この講座修了後には課題が与えられて、絵本専門士としての能力や資格があるかという評価を受けてから、晴れて絵本専門士の資格が与えられるのです。

資格を取得したら

以上では、絵本専門士の具体的な目指し方を紹介してきました。では、絵本専門士になったあとの具体的な仕事や絵本専門士の将来性はどうなのでしょうか。

以下で順に紹介します。

仕事内容

絵本専門士の資格取得方法が分かりましたが、この資格を取得するとどういった仕事ができるのでしょうか。公民館や絵本講座や子ども向けに絵本の読み聞かせ会を開いたりして活躍できます。

また、医療関係でも絵本を導入したセラピーなどの仕事もあります。

保育園でも活躍

保育士の中で一番人気の資格が絵本専門士と言われています。皆さんも小さい時に保育園の先生から絵本を読んでもらったことがあるでしょう。

そのような絵本の読み聞かせにも絵本専門士が活躍できるのです。

日本の絵本専門士の数

2014年から運営されている新しい資格のため、まだ認定された絵本専門士は多くなく、日本全国で100人ほどしかいません。

最近では応募者数が800人を超えるほどの応募があり、年々狭き門の資格となってきました。

そのため、なりたいと思ったらとにかく早めに行動することをおすすめします。

絵本専門士の今後

多くの応募者に対して実際に講座を受験することができる人数が少なく、毎年60名ほどとしか取得できない資格です。

またまだ日本には100人ほどしかいないため、レアな存在ですので保育園や医療関係だけでなく、国際交流会館などさまざまな場所で活評価されるようになってくるでしょう。

記事の著者

保育士の悩みをもっと見る