事務職が営業職に転職!?実はかんたんな転職のコツを大公開!

自分の仕事があっていないかも?と考えるのは誰にでもあることです。転職を難しいと考えている方も多いですが、コツを掴めば実は意外とかんたんに転職できます。

事務職から営業のように大きく仕事内容が異なる場合でも、しっかりと効率よく転職活動をすれば自分の希望する仕事にも就くことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

また、事務職から営業職のような異業種への転職におすすめのサイトも紹介するので、参考にしてみてはいかがでしょうか。リクルートエージェントなら、プロのアドバイザーが一対一で転職のサポートをしてくれます。

リクルートエージェントのサイトを見る

事務と営業の仕事内容の違い

まずは、ぞれぞれの仕事内容に関して整理をしていきます。

改めて仕事内容を確認し、自分にはどちらが向いているのかを考えてみてください。

事務職の仕事内容

事務の仕事は、さまざまな企業の各部門において一般的な事務作業や庶務に関わる仕事です。

電話やメール、来客対応などが主な業務となりますが、資料等の書類作成業務や郵便物の仕分け・発送業務、資料保管のためのファイリングをすることもあります。

幅広い職種の人からさまざまな雑事を頼まれることが多く、職場の人と上手にコミュニケーションをとる能力が必要となるため、ビジネスマナーやスケジュール管理能力、PCスキルなどが非常に重要です。

営業職の仕事内容

営業の仕事は、主に企業の営業部門において、販売している商品などの電話・メール・来客対応を行うだけではなく、見積書や請求書の作成をするとともに、サービスの受発注を行うことが仕事です。

その他にも、在庫や納期の管理を行ったり、売上伝票を作成することもあります。事務職とは違って、同じ会社の人ではなく、会社の外部の人と接触することが多い職務です。その点が事務職との大きな違いです。

事務から営業に転職するメリット

事務から営業に転職するメリットとして挙げられるのは、会社の外の人と頻繁に合う機会が増えるので、コミュニティーを広げ、人とうまく付き合っていく術を身につけることができます。

また、営業の仕事は会社の売上と直結しているので、実際に会社の役に立っているというやりがいを感じられます。

会社の外に出掛ける機会が多くなるので、海外出張や地方出張などもあり、会社の仕事としてさまざまな場所に出掛けることができます。

営業の仕事は実際にお客様と接することが多いので、会社の製品についてよく知っていなければならず、商品に関する知識も増えやすいというメリットがあります。

事務から営業に転職するデメリット

事務から営業に転職するデメリットとして挙げられるのは、残業がある可能性があるということです。

事務職にももちろん残業はありますが、営業の場合はお客様対応のために突然残業になってしまう場合が多いと言われています。

さらに、土日が接待になってしまう可能性もあるため、その場合には休日が潰れてしまうという点がデメリットです。

また、営業職はストレスの多い仕事であるという点もデメリットのひとつです。営業ノルマが課される可能性もあるので、それを達成しなければならないというストレスは相当なものです。

お客様としっかりとコミュニケーションをとることが仕事に含まれるため、人とコミュニケーションを取れる人に向いている仕事であると言えます。

営業職に向いている人

営業職に向いているのは、サービスを直接お客様に提供するのが好きな人です。事務職はどうしても会社内でのやり取りが多くなりますが、営業職では会社の外部の人とコミュニケーションをとる機会が多くなります。

その結果として、自分の会社のサービスをお客様に提供できたときに、喜びを感じることができる人は、事務から営業に転職するべき人材です。

また、とにかく熱心に仕事がしたいという方や、会社の外で積極的に活躍したいという人は営業職に向いているでしょう。

高いコミュニケーション能力は会社の中だけで活かすよりも、会社の外部で活かした方が役に立つことも多いため、そのような人は事務から営業に転職するべきです。

事務から営業に転職する方法

事務職から営業職に転職したいと考えている方は、どういうルートで転職をするのかを考えなくてはなりません。

今の職場に不満があるのか、仕事内容に満足していないかなどの条件を踏まえたうえで、適切な対処法を選びましょう。

部署異動をする

まずは、自分の会社の中で部署異動をし、営業になる方法があります。ほとんどの会社に事務担当と営業担当はいるはずなので、もし可能であれば部署異動を申請してみましょう。

自分の会社内で事務から営業に転職する場合には、人事部や上司にその旨をまずは伝えることが必要となります。

すぐに転職できるかどうかは会社の意向次第ですが、おおよそ転職までに1年程度の期間が必要になることと、必ずしも転職できるかどうかはわからないというデメリットがあるので注意が必要です。

転職サイトを活用する

事務から営業に転職する最も簡単な方法が転職サイトを使う方法です。転職サイトでは、一般に職務に関する詳細が記載されているので、自分の希望する職務を選ぶことができます。

その他の仕事内容についても細かく書かれているので、自分の希望する場所に転職することができるので便利です。

リクルートエージェントなら、はじめての転職活動でも安心できる、手厚いサポートが無料で受けられるため、なんとなく転職を考えている方はまずは登録をおすすめします。

面談を通してあなたの適性を分析し、おすすめの転職先を紹介してくれるので、自分では見つけられなかったような理想の職場にたどり着くこともできるかもしれません!

営業としての経験を積むためのアルバイトを始めたり、資格をとったりするよりも、より効率的で確実な方法です。まずはキャリアアドバイザーと連絡をとって、転職のハウツーを学びましょう。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る