幼稚園教諭から保育士の転職は簡単?仕事の違いや転職方法を公開!

幼稚園教諭から保育士への転職は、そう少ない話ではありません。幼稚園教諭と保育士では仕事内容が少し異りますが、幼稚園教諭で学んだ知識は保育士として働く際にも間違いなく役に立ちます。

そこで今回はは、幼稚園教諭と保育士の仕事内容の違いと、転職した場合のメリットとデメリット、転職方法など役立つ情報を紹介していきます。

また、幼稚園教諭から保育士への転職には「ほいく畑」という保育士専門の転職サイトが便利です。普通の転職サイトよりも効率よく転職活動ができるので、ぜひ活用してみてください。

ほいく畑のサイトを見る

幼稚園教諭と保育士の違い

幼稚園は文部科学省の管轄となるので、あくまで教育施設という位置づけです。一方で、保育士は厚生労働省の管轄となるので保育施設であるというのが1番の違いと言えるでしょう。

保育園は、子どもを日中に保育できない保護者が子どもに預けるところであるため、保育士は保護者の代わりに日常生活の援助を行ったり、保育を行うのが目的です。

結果として、幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭の教員としての免許が必要ですが、保育園はあくまでも保育施設なので、必要な資格を得るのも比較的かんたんなんだとか。

さらに詳しい内容が知りたい方は、幼稚園教諭と保育士の違いを紹介した別の記事もぜひ参考にしてみてください。

関連記事:保育士と幼稚園教諭の違いとは

幼稚園教諭から保育士に転職するメリット

幼稚園教諭から保育士に転職するするメリットとしては、幼稚園と比べて保育園は職員一人あたりがみる子どもの数が少ないというメリットがあります。

そのため、一人の子どもにかける時間が長くなるので、一人ひとりの子どもと仲良くなれる可能性が高まるんだとか。

また、幼稚園では職員の出勤時間はほとんど同じであるため、同じ幼稚園の先生は同じ時間に帰るのが基本的な勤務形態となります。

その点保育園はシフト制であるため、自分の都合をきちんとシフトに反映させれば、自分の都合の良い時間に合わせて柔軟に働くことができるというメリットがあります。

幼稚園教諭から保育士に転職するデメリット

保育園はあくまでも保育のための施設です。そのため、幼稚園と比較するとどうしても行事の規模が小さくなります。

それに加えて保育園は校庭がないことも多く、近所の公園まで遊びに行くなど、園外へ出掛ける機会も多くあり、結果として自分が行動しなければならない範囲が広くなるため、幼稚園教諭よりも体力的に辛いことが多いです。

保育士は、幼稚園教諭とは違って、0歳、1歳、2歳の乳児と関わる機会があります。そのため、どうしても乳幼児たちの面倒をみるのに時間をとられてしまいます。

そんな中でも他の子どもの面倒もみなければならないので非常に大変です。保育士は、シフト制である分、早番や遅番など、勤務が不規則にななりがちというデメリットもあります。

幼稚園教諭から保育士に転職すべき人

保育園なら乳児と関わる機会もるので、小児よりも乳児と関わりたいと思っている人は保育士への転職も向いているでしょう。保育士は保育することが主な目的となるので、事務作業が苦手な方にもおすすめです。

幼稚園は教育機関であるため、教育計画などの書類作りが数多く存在しています。そのため、色々な文章を作る仕事が数多くあります。

結果として、書類作りが苦手な人は保育士に転職した方が自分らしく働けるようになるのではないでしょうか。

幼稚園教諭から保育士に転職する方法

では、いざ転職を考えたときにどうするべきかを紹介していきます。

転職はさまざまな方向から進めることができるので、ぜひ多くの窓口を作って理想の職場を見つけましょう。

保育士の友人から紹介してもらう

保育士として働く友人などに保育士として働く就職先を斡旋してもらうという方法もあります。

知り合いからの紹介なら、途中から職場を変えても適応しやすく、いざという時に手助けをしてもらえるので、安心して任せることができるでしょう。

この場合、すでに保育士として働いている知り合いが必要となりますが、より信頼できる情報を手に入れることができるというメリットもあります。

転職サイトを利用する

幼稚園教諭から保育士に転職する方法として最も一般的な方法は転職サイトを使うことです。転職サイトはさまざまなサイトがあるので、転職サイトの選び方で、転職先の見つかりやすさも大きく異なります。

転職サイトなら、登録しておけば、幼稚園教諭として働きながら転職活動をすることもできるので便利です。

保育士の転職に特化した「ほいく畑」なら、よりスムーズな転職活動が期待できます。「ほいく畑」は地域密着型の転職サービスなので、各地域の人気求人が見つかりやすいです。

ひとりひとりに専任のコーディネイターがつくため、はじめての転職でも混乱することなく自分の希望する転職先を見つけることができます。

無料で利用できるので、まずは登録をして求人情報をチェックしてみてください。

ほいく畑のサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る