歯科衛生士から保育士に転職って簡単?:仕事内容の違いやメリット・デメリット、転職方法などを紹介!

一般的に、全く別の仕事から転職することは難しいと思われますが、実際はどうなのでしょうか。歯科衛生士から看護師への転職は、どうすればできるのでしょうか。

また、仕事内容の違いや、転職するメリット・デメリット、転職方法について紹介していきます。

歯科衛生士の仕事内容

歯科衛生士とは口腔内の健康をサポートする国家資格を保有する人のことです。主に3つの仕事内容に分かれています。

歯科予防処置

虫歯や歯周病の予防をするために、専用の器具を使い歯垢や歯石といった口の中の汚れを除去したり、フッ素という薬を塗布します。

歯科保健指導

虫歯や歯周病の予防で大事なのは毎日の歯磨きです。歯ブラシを歯に当てる角度や力の入れ方を指導します。

また、歯の磨き方だけではなく、生活習慣や食事の摂り方、食べ方や噛み方の指導も行います。

歯科診療補助

歯科医師の指示のもと、医療行為のサポートのことです。レントゲン撮影の補助や、診療器具の滅菌、準備なども行います。

保育士の仕事内容

保育士の仕事は子どもに基本的な生活習慣を教えていくことになります。食べる・寝る・排泄・着替えなど、教えることは様々です。

集団生活を通して子どもに社会性や自立心、感性を養わせることも重要です。時には一緒になって遊んだりもします。また、保護者に対して相談業務を受けたりしサポートもしていきます。

その他にも地域と連携し季節ごとのイベントを実施したり、施設内の安全、環境の整備を行ったりと、子どもに対する業務だけではなく、施設全体を見ていかなくてはなりません。

歯科衛生士から保育士への転職をするときのメリット

では、歯科衛生士から保育士への転職にはどんなメリットがあるのでしょうか。

歯科衛生士の資格をそのまま活かせる

歯科衛生士には歯科予防指導や保健指導があります。子どもの頃から口腔内の健康には気をつけないといけません。

そのために、歯の磨き方や力の入れ方を指導できる歯科衛生士の仕事内容は保育施設でも活かすことが可能です。

保育士の資格を取るための通学がない

歯科衛生士の資格を持っている人は、歯科衛生士養成機関の専門学校か大学を卒業しています。

保育士になるために養成機関を卒業して資格を取る方もいますが、歯科衛生士養成機関の専門学校や大学を卒業している人なら受験資格がすでにあります。

そのため、新たに保育士養成機関に通学する必要がありません。

歯科衛生士から保育士への転職をするときのデメリット

歯科衛生士から保育士への転職にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

仕事内容が全く違う

口腔内のケアができるのは歯科衛生士の強みでもありますが、それ以外の仕事内容は今までと違います。

患者が相手ではなく、子どもが相手になるので、その目線に合わせながら生活習慣を教えていく必要があります。

また、子どもだけではなく、保護者の相談も受け付けます。厳しい意見や理不尽な意見を言う保護者も中にはいるので、そのような保護者たちとの付き合いが大変だと感じることがあるかもしれません。

生活が不規則になる

歯科医院で勤務していた場合は、診察時間は決まっているところが多いでしょう。

しかし、保育施設は24時間体制、土日も運営しているようなところもあります。そのため、休みがシフト制になり、今までの生活習慣とはズレが生じてきます。

歯科衛生士から保育士への転職方法

歯科衛生士から保育士へ転職するには、どのような転職方法がいいのでしょうか。

歯科衛生士の仕事をしながら資格取得

専門学校、大学を出ている歯科衛生士は保育士の受験資格をすでに得ている状態なので、通信などで勉強をすることで資格取得を目指すことが可能です。

ただし、歯科衛生士の仕事をしながら勉強をしていくことになるので、空いた時間をうまく活用していく必要があります。

まずは保育士補助から

保育士補助とは保育士の資格がなくても働ける仕事です。保育士のサポートをする仕事ですが、働きながら資格取得を目指す方法もあります。

これもまた、空き時間をうまく見つけるなど工夫が求められます。

転職サービスを利用する

歯科衛生士の仕事をしながら保育士への転職を目指すなら、転職サービスを利用するのがおすすめです。

保育士専門求人サイト『ほいく畑』では、働きながらでも自分の条件に合った職場を探すことができます。無料で利用ができるので、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

ほいく畑のサイトを見る

どのような人が転職をするべきか

現在歯科衛生士として勤務してる人の中で、どのような人が保育士に転職するべきなのでしょうか。

子どもの教育をしていきたい人

元々子どもと触れ合うのが好きで、子どもと一緒に何かをやりたいと考えてる人は保育士の仕事にやりがいを感じながら働くことができるでしょう。

現在の仕事にやりがいを感じない人

どのような人にも共通していえることですが、現在の仕事にやりがいを感じず、不満が大きくなってるのであれば、心が病んでしまう前に転職をすすめます。

保育士への転職に興味がある人は、『ほいく畑』を利用してみてください。実際に転職すると決めていない方でも、情報を集めておくことは大切です。

無料で利用ができるので、ぜひ一度登録してみてください。

ほいく畑のサイトを見る

記事の著者

転職の悩みをもっと見る