ウクライナ人と国際結婚するときの流れ・注意点まとめ

ウクライナは、男女共に世界一美形の人が多いと言われている国です。そのため美形の男性に惚れて、付き合い、見事結婚となった日本人女性は少なくないでしょう。

そこで今回は、ウクライナ人の男性と、国際結婚をする場合の結婚手続きの方法について分かりやすく紹介していきます。

ウクライナ人の男性と結婚する時には、日本で手続きを行う場合、ウクライナで手続きを行う場合でやり方が異なります。それぞれの手続き方法をチェックしてみてください。

日本で結婚手続きをする場合

日本で結婚の手続きを行う場合は、まずウクライナ人の男性が、ウクライナ大使館へ行き、婚姻要件具備証明書を取得する必要があります。

婚姻要件具備証明書とは、外国人が日本で結婚の手続きを行う際に、必要となる書類です。

婚姻要件具備証明書をウクライナ大使館に取得しに行く際には、以下の書類が必要となりますので、しっかり用意しておくようにしましょう。

・申請書
・出生証明書
・独身証明書
・パスポート
・証明写真

ウクライナ大使館へ行く場合、アポなしで行くことは基本的にNGとなります。事前にしっかり予約を行い、予約が取れてから、ウクライナ大使館で続きを行う必要があります。

市役所へ行き結婚の手続きを行う

ウクライナ人の男性が、婚姻要件具備証明書を取得することができたら、市役所へ行き、結婚の手続きを行います。

日本人の女性が用意する書類は、以下の4つです。

・婚姻届
・本人確認書類
・戸籍謄本
・証人2人からの署名

離婚歴がある場合は、離婚証明書も必要となりますので忘れないように注意してください。

ウクライナ人の男性が用意する書類は、以下の3つです。

・婚姻要件具備証明書
・出生証明書
・パスポート

こちらも離婚歴がある場合は、離婚証明書が必要となります。

市役所での結婚の手続きが終了したら、婚姻要件具備証明書と、婚姻したことが分かる戸籍謄本を用意します。それらを持って外務省へ行き、アポスティーユ認証を行っていきます。

その後、ウクライナ大使館へ2人で行き婚姻の登録を行い、手続きが完了となります。

ウクライナで結婚の手続きを行う場合

ウクライナで結婚の手続きを行う場合、2人でウクライナの市役所へ行き、婚姻の手続きを行います。日本ではすぐ終わる手続きですが、ウクライナの場合は1ヵ月程度はかかるのが普通です。

ウクライナの市役所で婚姻届けを行う場合、日本人女性は以下の書類を用意してください。

・婚姻要件具備証明書
・パスポート
・戸籍謄本

これらの書類は、全て外務省で認証を受ける必要があります。

以下の書類が、ウクライナ人の男性が用意する書類となります。

・出生証明書
・独身証明書
・パスポート

書類を全て提出し、市役所での手続きが完了した後、婚姻登録機関へと行きます。婚姻登録を行い、婚姻証明書を取得します。

その後、結婚式の日時を予約し、結婚式を挙げます。教会で結婚式を挙げ、終了したら、婚姻の登録が完了となります。

婚姻証明書を取得してから3ヵ月以内に日本へ行き、日本のウクライナ大使館、または日本の市役所へ行き、結婚の手続きを行う必要もあります。

時間がかかってしまうため、日本で手続きをした方が手間がかからずいいかもしれません。

再婚禁止期間なし

ウクライナの結婚の手続きの特徴として、ウクライナでは再婚禁止期間というものが定められていません。

離婚する場合、離婚判決文を取得します。離婚判決文さえ取得することができれば、すぐに再婚することが可能となります。

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る