シンガポール人と国際結婚するときの流れ・注意点まとめ

シンガポール人男性と国際結婚をする場合、どのような流れで結婚の手続きを行っていけばいいのか、よくわからないという日本人女性は多いのではないでしょうか。

国際結婚をする際の手続きは難しく、日本人同士が結婚する時に行う結婚手続きとは異なります。

そこで今回は、シンガポール人の男性と国際結婚をしようと思っている日本人女性のために、シンガポール人の男性と国際結婚する時の流れについて分かりやすく紹介していきます。

日本で手続きを行う場合

シンガポール人の男性と日本人の女性が、日本で結婚の手続きを行う場合について、まずは紹介していきます。

必要となる書類

日本で国際結婚の手続きを行う場合、以下の書類は、日本人の女性が用意してください。

・戸籍謄本
・本人確認書類
・印鑑

以下の書類は、シンガポール人の男性が用意しましょう。

・婚姻要件具備証明書
・パスポート

婚姻要件具備証明書は、駐日シンガポール大使館で手続きして、発行となります。もし日本語以外の言語で書類が作成されている場合は、日本語訳も一緒に提出する必要があります。

結婚の手続き

必要な書類が届いたら、婚姻届けに必要事項を記入し、市役所へ行き、結婚の手続きを行います。手続きが完了すれば、日本での結婚手続きは完了となります。日本での結婚の場合は、さほど時間はかからないようです。

結婚手続きが終わり、シンガポール人の男性がそのまま日本に住むのであれば、配偶者ビザの手続きをしなければなりません。

日本人の配偶者等(男性でも配偶者)は就労制限がありません。そのため、資格外活動の許可を取得しなくても、働くことができます。

シンガポールで結婚の手続きを行う場合

シンガポールで結婚の手続きを行う場合は、シンガポールの法律で結婚の手続きを行うことになります。シンガポールで結婚の手続きを行う場合、イスラム教徒か、非イスラム教徒かによって、手続きの方法が異なるので注意が必要です。

非イスラム教徒でない場合

イスラム教を信仰していない非イスラム教徒の場合の、結婚の手続き方法について、まずは紹介していきます。

非イスラム教徒の男性と結婚する場合、まずシンガポールの結婚登録所へ行きます。そして、そこにいる婚姻登録官に対し、結婚通知書を提出していきます。

書類を提出したら、提出書類の内容確認を行い、同時に法定の宣言を行っていきます。その後、婚姻許可所の発行となります。

結婚通知書を結婚登録所に提出した日から数えて、21日後~3ヵ月の間に婚姻挙式を行います。挙式が終わった後に、登録官が婚姻の登録を行っていきます。

非イスラム教徒の場合、シンガポールの男性、または日本人の女性のうち、どちらかの当事者が、結婚通知書を提出した日からさかのぼって、15日以上シンガポールに滞在していないといけませんので注意してください。

イスラム教徒の場合

次に紹介するのは、イスラム教を信仰しているイスラム教徒の場合の、結婚の手続き方法について紹介していきます。

まずイスラム教の婚姻登録所へと行き、婚姻登録を行っていきます。そして、ここが非イスラム教徒と異なるのですが、婚姻する女性の父親、または男性親族による登録の確認が必要となります。

確認などが終了した場合、婚姻登録から7日間~150日の間に挙式を行っていきます。挙式を行う際には、イスラム法及びムスリム法施行法の要件を、すべて満たしていないといけませんので注意して下さい。

シンガポールで結婚の手続きが終了したら、3ヵ月以内にシンガポール外務省へ行き、結婚登録証明書の認証を受け、シンガポールにある日本大使館に提出、もしくは日本に帰国し、日本の市町村役場に提出することで婚姻が成立します。

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る