お盆とはどんな行事?:期間ややるべきことなどの基本を紹介

お盆とは日本に古くからある行事の一つでとても大切な文化の一つで、仏教の行事の中でも、もっとも生活に根付いているものだといってもいいでしょう。

正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と言うお盆は、盂蘭盆会というお経に書かれた内容に由来するものです。

毎年8月半ば頃になると里帰りをしてご先祖様の霊を供養する習慣があります。

住んでいる地域や宗派によりお盆の迎えたかは様々ですが、やるべきことや基本的なことはあまり差がないので、その内容をぜひ理解してお盆を迎えましょう。

お盆の由来について

お盆はご先祖様の精霊を供養し、そのご冥福をお祈りする行事です。

このお盆の期間には、亡くなったご先祖様が浄土(天国)から地上に戻ってくると言われています。

仏教の「地獄に落ちて苦しんでいる霊を救うために供養を営む」行事と、日本に昔から伝わる信仰で「死者の霊があの世から戻ってきて、またあの世へと帰ってゆく」という2つが結びついて現在に伝わってきました。

一般的に年に一度、ご先祖様の霊が私たちのもとに帰ってくる期間として戻ってきたご先祖様の霊を供養するのが、お盆の由来です。

お盆の期間はいつから?

日本では地域によってお盆の期間が異なります。関西や関東によって違うので自分の住んでいる地域のお盆はいつなのかしっかり把握しておきましょう。

関東のお盆期間は7月13日~16日の4日間、関西は8月13日~16日の4日間でお盆をするところが多いです。

関東と関西の違いは、昔の暦が元になっており、関東では「新暦」、関西では「旧暦」でお盆を行う時期を定めています。

お盆の過ごし方や行事について

お盆の準備としては、仏壇や仏具を清め、お盆の炒り煮は仏壇の前に精霊棚を設けます。

また、お花や季節の野菜・果物・お茶菓子をお供えし、刻んだナスと洗い米を清水に浸した水の子を一緒に供えたりすのが一般的です。そしてご先祖様の霊の乗り物として、キュウリで作った馬やナスで作った牛を供えます。

迎え盆にはお墓参りをし、お墓掃除・迎え団子やお花のお供えをすると良いでしょう。

お盆中

お盆の期間中は、朝・昼・晩と日に三度、仏壇あるいは精霊棚に食事をお供えします。地方や家庭によっては、期間中の献立が決まっているところもあるので確認しておきましょう。

そしてお盆の期間中にお坊さんを招いてお経をあげてもらう習わしがあります。

これを精霊棚の前でお経を読むことから棚経(たなぎょう)と言い、江戸時代から始まった習慣です。

お盆明け

お盆の明けにはご先祖様を送り出す行事があります。

あの世への道しるべとして、ご先祖様をきちんと送り出しているということが伝わるように迎え火と同様に送り火を焚きましょう。

また、ご先祖様が無事に帰れるように、その橋渡しをしてくれる六地蔵に送り団子を供える習わしもあるので地域で確認しておくことが大切です。

まとめ

期間や行事のないようなどといったところは地域や宗派により異なるので必ず確認が必要です。

ですが一番大切なのはご先祖様を敬う気持ちなので、きちんとお盆の由来を理解してお盆を迎えましょう。

記事の著者

冠婚葬祭の悩みをもっと見る