思春期ニキビの原因とその治し方:対策法や正しい洗顔方法も紹介!

思春期ニキビは、その名の通り10代の思春期頃にできてしまうニキビのことを指します。

大人のニキビは頬やアゴなど顔の様々な部位にできますが、思春期ニキビの多くは、額などTゾーンを中心によく見られるのが特徴です。

そんな思春期ニキビを治そうと、自己流のケアをしている方も多いのではないでしょうか。

間違った洗顔や潰したりするのはおすすめしません。

今回は、思春期ニキビの正しいケアと、ニキビのできづらい肌作りについて紹介します。

大人のニキビ予防「プロアクティブ+」をチェック

思春期ニキビができてしまうのはなぜ?

思春期ニキビと大人ニキビができる原因の共通点は、生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れです。

いずれも睡眠不足やストレスなどにより起こりうることですが、思春期は感受性が豊かな時期でもあるため、大人よりもこうした乱れが起きやすいと言えます。

そんな思春期ニキビの原因などについて、見ていきましょう。

思春期ニキビ特有の原因

思春期にニキビができやすいもう1つの大きな理由は、思春期である第二次性徴期は、成長ホルモンの分泌量が増えるためです。

テストステロンやエストロゲンなどの成長ホルモンは、皮脂腺を刺激する性質があり、皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

分泌量が増えた皮脂が排出しきれず毛穴に詰まってしまうと、ニキビとして症状があらわれてしまうのです。

やってはいけないこと

ニキビを早く治そうとしてやってしまいがちなことをチェックしておきましょう。

気をつけることによって、ニキビを悪化させるのを防げます。

ニキビを潰す

ニキビの腫れ、膨らみを気にして、無理やり潰してしまうのは絶対にやってはいけません。

ニキビを潰してしまうと、傷ができてニキビ跡として残ってしまったり、傷口から菌が入り症状を返って悪化させることもあります。

中には潰した方がいいニキビもありますが、素人目には判断が難しいです。どうしても気になるなら、皮膚科を受診しましょう。

やりすぎ洗顔

ベタつき肌が気になるからと、1日に何度も洗顔してしまったり、強くこすった洗顔をしてしまうこともやらないほうが良いです。

洗顔は汚れや皮脂を洗い流しますが、目的はあくまでも余分なものだけを落とすこと。

皮脂自体は肌にとって必要な成分なので、皮脂が不足すると乾燥肌になり、肌を守るために皮脂の分泌量が更に増えてしまいます。

洗顔の目安は朝晩の、1日2回を目安とするのがオススメです。

大人のニキビ予防「プロアクティブ+」をチェック

思春期ニキビの治し方

思春期ニキビを治すために大切なのは、正しい洗顔をすることと、生活習慣・食生活の改善です。

次に、思春期ニキビの治し方について見ていきましょう。

正しい洗顔

先程も述べたように、思春期ニキビができる理由は過剰な皮脂にあります。

必要な皮脂まで落としてしまわないよう、洗顔による刺激をできるだけ抑えた丁寧な洗顔を心掛けましょう。

洗った清潔な手で、ぬるま湯で洗顔するのがポイントです。

目安の温度は、手で触って少し冷たく感じる程度の32度~34度。熱いお湯で洗うと、必要な皮脂まで落としてしまい乾燥肌に繋がります。

皮脂の多いTゾーンから順に洗顔しましょう。泡立てネットなどを使い、きめ細かい泡で洗顔するのもポイントです。

洗ったあとは清潔なタオルで水分を吸い取ってから化粧水と乳液で保湿を行います。

アルコール成分の多い化粧水は刺激が強いので、ノンアルコールのものを選びましょう。

生活習慣・食生活を見直す

生活習慣の中でも、特に食生活の改善はニキビケアにも予防にも効果的です。

脂質の多いファストフードや揚げ物の量を減らして、ビタミンAやビタミンCを多く含んだ緑黄色野菜やレバーなどを積極的に摂りましょう。

肌のターンオーバーが促され、皮脂分泌を抑える効果が期待できます。

思春期ニキビを未然に防ぐ対策法

化粧水と乳液で保湿

思春期は、大人のように複数のスキンケア用品を使わず、化粧水と乳液だけのシンプルなケアをするのがオススメです。

フェイスパックなども含め、様々な成分を含んだものが逆に悪い刺激になることもあるので気を付けましょう。

必要最低限のケアを根気よく続けることが、ニキビ予防には効果的です。

日中の皮脂を適度に除去

1日に何度も洗顔すると、返ってニキビができやすくなってしまうので、日中の気になる皮脂はティッシュで軽く落とすのがオススメです。

タオルでこすったり、アルコールを含んだ汗拭きシートを使うと刺激となってしまいます。

まとめ

思春期ニキビを治す・予防するためのポイントは、肌への刺激を抑えて正しい洗顔をすること。

思春期は肌に回復力があるので、正しい方法を覚えればケアすることは難しくありません。

ですが、体質や環境によっては、セルフケアだけではニキビが治りにくいことも。

ニキビの症状が悪化してきたように感じたら、早めに皮膚科を受信するようにしましょう。

大人のニキビ予防「プロアクティブ+」をチェック

記事の著者

スキンケアの悩みをもっと見る