准看護師から看護師に転職って簡単?:仕事内容の違いやメリット・デメリット、転職方法などを紹介!

病院や施設などで働く看護師の種類が、2つあるのは知ってるでしょうか。それは准看護師と看護師です。

一般的には准看護師より看護師のほうが難しいと言われてますが、実際はどうなのでしょうか。また、仕事内容などに違いがあるのでしょうか。

仕事内容の違い

准看護師と看護師では、仕事内容はどこがどのように違うのでしょうか。

看護師のサポート

看護師も准看護師も仕事の内容自体に変わりはなく、同じ仕事ができます。

違いとして、看護師は医師の指示や自らの判断で看護業務ができますが、准看護師は医師の指示や、看護師の指示があってはじめて看護業務ができます。自らの判断では看護業務はできません。

管理職になれない

看護師は医師がいない場合自らの判断で看護をすることができるため、経験を積んでいけば管理職という立場になることも可能です。

准看護師では自らの判断で看護ができないため、管理職などの責任ある役職に就くことはできません。

准看護師から看護師に転職するメリット

資格を取り、准看護師から看護師に転職するにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

給料があがる

まず給料が違います。明らかに看護師の方が給料が高く設定されていますし、求人誌では正社員で募集している所が多いです。

働く環境を選びやすい

介護施設やクリニックでの募集もですが、大きい病院などで正社員として働きやすくなります。

一般的には業務内容が同じだとしても、看護配置基準では准看護師は数に入らないため、高い看護基準を目指す病院や診療報酬を得たい病院では准看護師を募集していない場合もあります。

准看護師から看護師に転職するデメリット

准看護師から看護師に転職するにはどのようなデメリットがあるのか。

また最初からのスタートになる

准看護師の正社員として長年勤めていた場合、給料もそこそこ高く貰えるようになっているでしょう。

しかし、看護師として正社員になることでまた1からのスタートになり、准看護師時代より最初の給料は安くなる可能性があります。

責任の重さ

仕事をしていく上で責任の重さはどこでも同じですが、准看護師と看護師の間ではやはり差があります。准看護師は指示ある通りに業務を行えさえすればいいですが、看護師だと自らの判断もあるためプレッシャーが大きいです。

転職方法

准看護師から看護師へ転職するにはまず資格を取る必要があります。

全日制 定時制の学校に通う

一般的なルートの中では最短で、看護師になれる全日制は2年間通います。

普通の学生同様午前から午後にかけて授業があります。なので正社員として働きながら学校に通うのは難しく、授業後にアルバイトをするという方法しかありません。

定時制では3年間(座学2年、実習1年)通います。定時制では昼間通うか、夜間通うかで働きながらでも通学ができます。

昼間だと授業によっては午前中か午後の授業になり、夜間だと授業が夜からですので、現在の仕事を続けながらか、アルバイトをしたりとそれぞれの時間に見合った働き方があります。

通信制

通信制では自宅で2年間の学習で看護師になれますので、現在の仕事を続けながら資格取得を目指すことができます。

しかしそれには条件があり、准看護師として実務経験7年以上の人に限るので注意してください。

転職すべき人

准看護師から看護師へ転職すべき人として、どのような人が挙げられるのでしょうか。

スキルアップを目指す人

看護師になると、その先の資格(助産師など)を目指すことができます。

また、看護師長や責任ある役職に就くことも可能です。今後も看護、医療の世界で活躍していきたいと考えている人は、看護師の資格を取り、転職を目指してみてください。

現在の給料に不満がある人

准看護師と看護師では年収に大きな開きがあります。責任の重さもありますが、それでもプレッシャーに負けないという自信がある人は看護師として働くことを目指してみるといいかもしれません。

記事の著者

看護師の悩みをもっと見る