幼稚園教諭になるために必要な6つの適性と資質

稚園教諭になるためには、もちろん努力も必要ですが、ある程度の適性や資質が必要不可欠です。

ここでは、幼稚園教諭になるために必要な適性や資質について述べていきたいと思います。

幼稚園教諭に必要な適性や資質

幼稚園教諭になるには、どのような適性や資質が求められるのでしょうか。

幼稚園教諭に必要な適性をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

子どもが好きであること

幼稚園教諭にとって一番大切なことは、やはり子どもが好きであるということです。

実際に子どもが好きだから幼稚園教諭になった、という方は非常に多いようです。

子どもが好きだからこそ、幼稚園教諭という仕事に情熱を持ち、熱心に仕事に取り組むこともできます。

コミュニケーション能力が高いこと

子どもとのコミュニケーションは言うまでもなく、幼稚園教諭という仕事は、同僚や保護者など人と会い、話をする機会が多い職業でもあります。

特に保護者とのコミュニケーションはとても重要です。

保護者は幼稚園に幼い子どもを預けているため、「幼稚園ではどんな風に過ごしているんだろう」「泣いたりしていないかな」などと常に不安を抱えています。

そんな保護者の不安を解消するためにも、送り迎えの際などはこちらから積極的に話しかけ、幼稚園での子どもの様子などを伝えてあげましょう。

そうすれば保護者も安心し、幼稚園教諭への信頼感も増していきます。

前向きで明るい性格であること

幼稚園教諭は、どんな時でも明るい笑顔で子どもに接する必要があります。子どもたちは幼稚園の中で、さまざまな遊びや行事を通して、心と身体を成長させていきます。

いつも接している幼稚園教諭がいつも明るい笑顔でいれば、子どもたちも自然と笑顔になり明るい気持ちになります。

もちろん、幼稚園教諭も人間ですから、体調が悪い日や落ち込んでしまう時もあるかもしれません。

しかしそんな時でも、「大好きだよ」「そばで見守っているから大丈夫だよ」という気持ちを伝えれば、子どもたちも周りの人間を信頼し、愛情を感じるようになります。

音楽が好きであること

幼稚園教諭になると、ピアノやオルガンを弾きながら子どもたちと歌を歌うことが多くなります。

一緒に歌うことで子どもたちは音楽の楽しさを知り、音楽について自然に学ぶことができます。

決して、歌が上手いとかピアノが上手である必要はありません。子どもたちと一緒に大きな声で楽しんで歌うことがとても大切です。

絵を書くことが好きであること

幼稚園では子どもと一緒に絵を書く機会がたくさんあります。母の日にお母さんの絵を書いてあげたり、楽しかった行事の思い出を絵で表現することもあるでしょう。

こちらも決して絵が上手い必要はありません。

例えば、動物の絵などを子どもたちに分かりやすいように大きく書いてあげたり、ちょっとデフォルメしてユニークに描いてあげると子どもたちはとても喜びます。

大切なのは子どもと一緒に絵を書くことを自分も心から楽しむことです。

表現することが好きなこと

幼稚園教諭になると、絵本の読み聞かせをしたり、手遊びをしたりダンスとしたりと、さまざまな形で色々な事を表現する機会が多くなります。

子どもたちに喜んでもらうため、読み聞かせの際には役によって声色を変えてみたり、ダンスの際には身振り手振りを大袈裟にしてみたりとオーバーリアクションを心がけて表現してみましょう。

自分自身が楽しんでいると、子どもたちも自然に笑顔になります。

まとめ

幼稚園教諭に必要な適性について紹介しました。

自分には適性がないからといって、幼稚園教諭になることをあきらめる必要は全くありません。

今の自分に足りないものを把握し、それをこれから身に着けていくことがとても大切です。

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る