手取り14万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

皆さんは手取り14万円と聞いてどんなイメージをもちましたか?

多い、少ない、人によって感じ方は異なってくるでしょう。今回は、手取り14万円の人がどのようなライフスタイルなのか、また収入を増やすにはどうしたらいいかを紹介していきます。

手取り14万円は平均と比べると低い

民間企業に正社員として採用されたなら、税金、健康保険等もあるので月収は推定で17万ほどです。

賞与を年間で2ヶ月から5ヶ月と幅をもって見ると、この方の年収は17万×12ヶ月と賞与が17万×2か月~5か月となり金額としては238万から289万円近辺となります。

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、都道府県別平均月収が30.4万円台です。これを考慮するとやや平均を下回った収入となります。

同じく厚生労働省のH29年度における男女別20代の平均月収は男性で21~24万、女性で20万~22万との比較においても数万程低い結果となってます。

手取り14万円の人のライフスタイル

全国の都道府県の平均と比較しても平均以下なので、日常生活もかなり節約を強いられる状況です。

具体的な数字を元に簡易的にシュミレーションした結果を以下に示しました。

手取り   140,000円
—————————–
 家賃 50,000円
 食費 30,000円
 光熱費 20,000円
 貯金 20,000円
 お小遣い 20,000円

かろうじて毎月2万のお小遣いが捻出可能となります。

でも、この2万の中で交通移動費、日用品費、医療費、衣料費、各種保険類の支払いとなるので事実上余裕は全く無いはずです。それどころか毎月の不足をボーナスで補填も検討必要な状況です。

手取り14万円の人の収入を増やすための方法

手取り14万から大きく増やしたい。そんなことを考えても不思議ではありません。

あと、5万増やしてちょっとでも余裕を持つ、本格的な転職を検討するなど手段はたくさんあります。

パターン1 資格を取ってみる。

お勤めの会社に資格制度があれば活用してみましょう。

公的機関の資格から民間企業が認定する資格まで各種有りますので、その難易度に応じて数千円から数万円まで企業ごと設定しています。

仕事をしながら資格の勉強をするのは、大変と思う人もいるかもしれません。しかし、資格を取れば収入を上げることができると思えばがんばれるはずです。

パターン2 副業を始めてみる

お勤めの会社で認められていることが前提ですが、在宅で出来る副業で不足分を補うことも可能です。

経験不問の単純作業から趣味や専門性を活かした高単価副業まで選択肢は副業斡旋サイトで日々更新されてます。

テープ起こしなら60分もので数千円、ライティングなら0.1/文字から専門性の高い記事なら数円/文字ですので5万目標は十分クリア出来るターゲットになります。

今の仕事とのバランスを考えながらできるので、トライしてみる価値は十分にあるでしょう。

パターン3 転職をしてみる

しっかりと月収で5万増を狙うなら、思い切って転職を選択しましょう。

5万/月なら年間で60万の収入増。現収入が289万としても289万からの60万増で359万です。これでも同世代の平均年収ですので企業選択を慎重にすすめればクリア出来る範囲です。

転職を考えるなら、転職サービスを利用することがおすすめです。大手転職サイト『リクルートエージェント』なら、働きながらでも次の仕事先を見つけることができます。

専門のコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれるので、あなたの条件に合った職場に転職することができるでしょう。

無料で簡単に登録することができるので、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

まとめ

手取り14万円は、正直いって平均以下であるといえます。でも、だからこそ上を目指す伸びしろがたっぷりあり、チャンスはいくらでもあるのです。

現状に満足せず、積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る