香典の基本マナー:渡し方の注意点、友人に預けるのはOK?

葬式に関する悩みの1つに、香典に関するマナーがあります。人生でそれほど数が多くないであろう香典に関してのマナーですが、正式な場であり、かつ不幸の場であるからこそ、しっかりとしたマナーを身に着けたいものです。

今回は、香典の基本的なマナーを抑えておきましょう。

金額について

まず、香典で包む金額の数字は、不祝儀の場合は偶数を、祝儀の場合は奇数をとされています。ただ最近では、不祝儀の香典の額は4(死)や9(苦)を避けてさえいれば、1万円、5千円、3千円など奇数額とするケースが増えています。

そのため、金額よりも香典の渡し方をおさえておけば安心でしょう。

香典はいつ渡せばいい?

通夜と告別式の両方に参列するときの香典

現代では生活が多忙となり、通夜か告別式のどちらかに参列すれば、礼を尽くしたと認められるようになってきています。それでも、通夜と告別式の両方に参列することがあれば、香典はいつ渡せばいいのでしょうか。

香典は通夜、葬儀、告別式のどれに持参してもかまいませんが、2度参列するときは、最初に弔問するときに渡します。つまり「通夜」です。

仮に訃報を受けて通夜の前に駆けつけた場合は、このときは香典を渡しません。あまりに香典を渡すのが早いと、いかにも不幸を待ち受けてたかに受けとられかねませんので控えましょう。

香典はどこで渡せばいい?

香典は、受付で渡します。もし受付がない場合は、祭壇に香典を供えます。

通夜に香典を渡し、告別式が2度目の参列となる場合は受付で記帳だけをし、「お通夜に伺わせていただきました」と受付係に伝えましょう。

受付係は遺族の方でないことが多いので、「お悔やみを申し上げます」「このたびはご愁傷さまでございます」などを、お悔やみの言葉にそれほど悩まずに述べるといいです。

どうしても通夜や葬儀に参列できないときの香典

香典を郵送していい?

もしどうしても通夜などに参加できず、香典を郵送する場合は事前に弔電を出しておき、現金書留で郵送します。弔電は葬儀の前日までに自宅や斎場に出し、郵送は郵便為替や銀行振込を避けて現金書留です。

お金はそのまま現金書留封筒に入れるのではなく、まず不祝儀袋に入れます。略式タイプの水引が印刷された不祝儀袋をつかうと、封筒がかさばらずにすみます。一緒にお悔やみ状も同封しましょう。

財布の中に、新札(ぴん札)しかない場合が案外あります。香典に包むお金は、新札でもかまわないのです。それでも気になる場合は折り目をつけるといいでしょう。

香典を預けてもいい?

どうしても都合がつかず、通夜や告別式に参列できない場合は誰にでもありえることです。お互いさまですので、香典を友人に頼みます。

友人から預かった香典

「一緒に持って行って」と頼まれた香典

友人から香典を預かった場合は、受付で自分の香典と一緒に渡します。渡すときには「本日は○○が伺えませんので、預かってきました」と受付係に伝えます。

記帳するときは、まず、自分の名前と住所を先に書き、その横に「代理」と書いたうえで、友人の住所と名前を記入します。

会葬礼状を忘れずに受けとる

香典を預かって参列したときは、会葬礼状を自分の分だけでなく、預かった人の分も受けとります。数名分の香典を預かった場合は、人数分の会葬礼状を受けとって帰り、本人に渡せるようにしましょう。

最後に

香典は、故人の霊に供する「香」に代える金品です。

香典の金額は故人とのお付き合いの深さや、香典を渡す方の経済力、社会的立場によってさまざまです。迷う場合は、同じ立場の人に確認するのが肝心です。

記事の著者

マナーの悩みをもっと見る