食事の基本マナー:今さら聞けない和食の決まりとは!

世の中には和食や洋食、中華などさまざまな料理があります。そしてどの料理にも食事の際、マナーがつきものです。自分が気づかず人を不快にさせているかもしれません。

食事の際のマナーにも、食事前、食事中、食後とさまざまですが、今回は今さら聞けない食事中のマナーについて徹底解説していきます。

覚えておきたい箸の作法

日本で食事をするとき、大抵の場合は箸がつかわれます。箸が綺麗に持てているかは、一目でわかりやすく、汚い持ち方をしていると目立ってしまいます。一度ついてしまった悪い癖はなかなか治らず、無意識で不快にさせていることがあります。

まず、箸のマナーから紹介していきます。

箸の上げ下げとは

箸を汚すのは箸先から3cm以内とされており、一般的に箸と箸置きは一緒になっています。箸置きがないときは箸袋で代用するか、折敷(おしき)という器をのせた盆の縁にのせましょう。

箸置きから箸をとるときは、右利きの場合、まず箸の中央部分を右手で持ち上げ、左手を下から添えて持ち、右手を滑らせるように右に移動して、鉛筆を持つように持ち替えます。箸を置くときはこの逆です。

箸使いの上げ下げでは、左手を添えるのを忘れやすいので、左手を添えることに意識しましょう。

綺麗な箸の持ち方

箸を正しく持つことは大切です。

自信がなければ、箸をきれいに持てている人をマネできればいいのですが、難しいものです。正しい持ち方は、上の箸を人差指と中指で、下の箸を親指の付け根と薬指で固定します。

悪い癖がついている人は、普段から練習しましょう。

箸の置き方について

食事中に箸を休めるときは、箸置きの上に置きます。

箸はそろえて、先を3cmほど箸置きから出しすのが好ましいです。

小皿を箸置き代わりにしやすいので気をつけましょう。

今こそ覚えておきたい器・皿の作法

箸だけでなく、実は器や皿の持ち方や順番にもマナーがあります。あまり気にしていない方も多いですが、細かなマナーを知っておくとより魅力的に見えます。まず、和食を例に紹介していきます。

食事始めは器からもつ

正式な和食の場では、器や皿を持ってから箸をとります。箸を持ったまま器をとると、箸のあつかいが乱雑になるからです。

また、手に持っていい器・皿なのか、もってはいけない器・皿なのかの基準は大きさです。手のひらの大きさより小さいもの、しょうゆ皿や天つゆの入った皿は手で持ちます。

手のひらより大きく、皿を持たずに食事をするとき、自分の手を受け皿にしやすいのですが、和食では上品な食べ方とはされていません。

器が大きかったり持ちにくい場合は、懐紙を皿の代わりにしましょう。

器のふたは上向きに

お吸い物や茶わん蒸しなどの椀物のふたは置くところが決まっています。ふたは手前側から開けて、器のすぐ横に「上向き」に置きます。

また椀物以外にも料理によってはふた付きがありますが、いつも右側に置くのではありません。

右側にある器のふたは右側に、左側にある器のふたは左側に置くものです。折敷があるときは、折敷の外にふたを置きます。

ふた付きの料理は、食べ終わったらもとのように、ふたを閉じるのが正しい作法です。

ふたが開けずらいときは

椀物の熱い料理で、ふたが開けにくいことあります。

ふたを開けにくいときは、椀を片方の手でしっかりと支えて、もう片方の手を広げて縁をはさんで力を入れてみてください。または、椀を両側から少し押して空気を抜くと、開けやすくなります。

それでもふたが開かないときは、お店の方にまかせてみましょう。

最後に

食事の席は、みんなで熱いものは熱いうちに美味しく食べながら、楽しいひとときを一緒に過ごしたいものです。

和食は守らなければならない作法を正しく理解し、何よりも周囲に不愉快を与えないような心配りが肝心です。

記事の著者

マナーの悩みをもっと見る