レイキヒーリングのやり方と効果まとめ:健康的な体に!

「現代人は慢性的に疲れている」という話を耳にする機会の増えた近年。長時間パソコンに向かって仕事をこなし、休日は疲れてだらだらとしてしまう生活。

食事も栄養が偏り、運動不足になっている人も多いです。そんな今を生きる私達が知っておきたいのがレイキヒーリング。

昔より知名度の上がってきているレイキヒーリングですが、その実態はどういうものなのか。また、そのやり方や効果等についてご説明します。

レイキヒーリングとは

レイキヒーリングとは、目に見えない神秘的な霊気=レイキを用いる療法です。

手の平を通して宇宙からのエネルギーを流すことにより、体本来の持つ自然治癒力を高めようというもので、近年注目されています。

このレイキヒーリングの発祥は、臼井甕男さんによる臼井霊気療法で、海外に渡り発展したものが日本で広まりました。特別な技術が必要な治療法とは違い、誰でも習得する事が可能です。

レイキのセルフヒーリングやり方

ヒーリングサロンではセラピストから施しを受けますが、やり方が分かれば簡単に自分で行うことが出来ます。そのポイントを確認していきましょう。

環境と姿勢

まず、落ち着いた気持ちで行えるよう、物が片付いている空間を選んでください。次に、ゆったりとしたスペースにあぐらをかいて座ります。目を閉じて手の平を合わせましょう。

体全体の力を抜き、背筋を伸ばして深呼吸。そして、「ありがとうございます」と5回ほど唱えます。これが基本の姿勢です。

イメージしながら呼吸する

最初に息を吐きます。この時、体の中から悪いものが出ていくようなイメージで行ってください。

7~8秒かけて吐ききったら、今度は鼻から息を吸います。鼻や頭に宇宙からの美しい生命エネルギーが降り注ぐイメージで行いましょう。

「何となく手の平が温かくなってきたかな。」そう感じられるまで呼吸を複数回繰り返します。そして、じんわりと温まった手の平を、体の気になる部分に当てます。

心がつらい場合は、胸や心臓の辺りに当てましょう。

感謝しながら心ゆくまで

「宇宙の光よ、ありがとう」と感謝の気持ちで行ってください。自身の嬉しかった記憶、好きな人やモノ、そういったものを思い浮かべながら行うのも効果的です。

時間や回数など、細かい決まりはありません。無理はせず、その日の体調と相談しながらマイペースに気持ち良く行ってください。

レイキヒーリングの効果

レイキヒーリングによってどのような効果が得られるのか、体調・精神・人間関係における要点をまとめてみました。

健康的な体になっていく

「あれ?何だか体が軽くなってきたかも。」

レイキヒーリングを繰り返していると、そう感じられるようになるでしょう。今までぐっすりと眠れていなかった人も、スッキリとした目覚めを体感するはず。

体がポカポカと温かく感じられるようになり、手足や腰など、ずっと抱えていた冷え性の悩みも消えていきます。自然治癒力の高まりにより、日頃慢性的に悩まされていた体の不調が改善されていくのです。

ポジティブな心で人生の活性化

自己免疫力の高まりは、心にも素晴らしい影響を与えます。本来誰しもが持っている、自分を信じる力を思い出し、自身の人生への肯定感が芽生えてくるのです。

目の前の事に集中して取り組むことができ、さまざまな事を前向きにとらえ何事にも積極的に行動するようになるので、日々の生活が輝き充実したものとなります。

コミュニケーションの充実

一度覚えると家族や友人へもしてあげられるレイキヒーリング。

普段からお世話になっている身近な人に行うことで、スキンシップにより親密性が増して人間関係にも良い影響が期待されます。

人のまとう気を多く発している手の平。そこから放たれたエネルギーは、より円滑なコミュニケーションを育めるよう導いてくれることでしょう。

関連リンク:スピリチュアルヒーリングとは?目に見えないエネルギーで心を癒やす方法と効果

記事の著者

リラクゼーションの悩みをもっと見る