お通夜の基本マナー:通夜と告別式は両方出席する必要が?

通夜は、「夜を通して」という意味で、死者を葬る前に一夜を明かします。故人の霊がさびしくないようにと、なぐさめるために遺族や親族が集まって夜通し付き添って過ごすものです。

現代では、生活が多忙となりそれぞれの事情も増えつつありますので、次第に変わってきています。

本来、身内だけで行う通夜ですが、「夜間告別式」化の傾向を知っておくと安心でしょう。

通夜か告別式のどちらに出席すればいい?

時間的に余裕があるケース

通夜か告別式のどちらに出席しようか、と迷うほど時間に余裕がある場合は、一般的には「告別式」です。

服装選びでは、喪服が堅苦しさを感じるのであれば上下を黒色でそろえるよりも、ブラウスを白色にしたり、ストッキングを肌色にするような工夫をおすすめします。

通夜は訃報をきいて、着替える時間もなく駆けつけたということから、普段着でもかまわないとされているのです。

時間的に余裕がとれないケース

通夜は、仕事や諸事情などで都合がつけず、昼間に行われる「告別式」には出席しづらいときに弔問します。いわば「夜間告別式」です。

夜間告別式化の「通夜」は、夕方の6時~7時に行われるのが多いので、仕事を終わらせて弔問することができましょう。服装は、通夜が訃報をきいてとりあえず駆けつけるものなので、喪服を着ないとされるところもあります。

故人とそれほど親しい間柄でなかった場合でも、出席していいとされるのが通夜です。

焼香をすませた後の「通夜ぶるまい」

「通夜ぶるまい」は断ってもいい?

通夜ぶるまいの席には、弔問客をすべて案内する場合と、故人と親しい人だけを招待する場合の2通り。

弔問客をすべて案内する場合は、接待係から「奥に軽い食事を用意してますので、どうぞ」のような案内をされます。

故人とそれほど親しくなかった場合は、焼香をすませたらそのまま辞去するのが礼儀となり、「どうぞ」と誘われたならば、故人の供養につながるためにも、いったん席について一口でも箸をつけるのが基本マナーです。

「通夜ぶるまい」は本当にゆっくりしていい?

通夜ぶるまいは故人の霊をなぐさめるために、親しい人が集まって飲食を共にしながら、思い出を語り合う場ではあります。

「どうぞごゆっくりなさってください」のような喪主の通夜ぶるまいの挨拶があっても、長居はよくありません。故人とどんなに親しい間柄であっても、長々と居つづけるのは控えましょう。

帰るときは、喪主や遺族に挨拶をして、もう一度焼香をするのが基本マナーです。

最後に

日本では葬儀の約9割が仏式で行われています。その他にも神式やキリスト教式などがありますが、最近は形式にとらわれない葬儀が注目されています。

通夜か告別式のどちらかに出席すれば、礼を尽くしたと認められるようになってきてます。ビジネスシーンにおいては上司に尋ね、ご近所事は親や関係する方に尋ねるといいでしょう。

形式を確認し、臨機応変な礼を尽くすのが肝心です。

記事の著者

マナーの悩みをもっと見る