精神がおかしいと思ったときの対処法4選:深呼吸をして落ち着こう

精神がおかしいと思った時、あなたはどのように対処していますか?

今回は、精神がおかしいと思った時に行って欲しい対処法を紹介していきます。

精神がおかしくなると、パニックになったり、ストレスを抱え込んでしまう人もいるでしょう。

ぜひチェックしてどのように対処していけばいいのか考えてみてください。

精神がおかしいと思ったときの対処法4選

精神がおかしいと思ったときの対処法を4つ紹介します。

深呼吸をする

精神がおかしくなった時の対処法としておすすめしたい方法は深呼吸をするということです。

深呼吸をすることで、自分の気持ちを落ち着かせることができます。ゆっくり大きく「フー」と音がでるくらい深呼吸をしていきましょう。

精神がおかしくなった時は、まず気持ちを落ち着かせることが第1です。

他の人がいると気持ちを落ち着かせられないという人は、トイレなどのような1人になれる場所を見つけ、気持ちを落ち着かせてください。

紙に自分の気持ちを書き出してみる

深呼吸をして気持ちを落ち着かせることができたら、気持ちを書き出してみましょう。

紙とペンなどなんでもいいのでなにか書くことができるものを用意しておいてください。自分の今の気持ちを殴り書きでいいのか書き出していきます。

自分の気持ちを書き出すことで自分が何に対して気持ちが変わっていたのか、精神がおかしくなったのはなぜなのかを知ることができるでしょう。

紙に気持ちを書き出すことで頭の中を整理することができます。

ストレスを発散させる

対処法としておすすめするのは、ストレス解消できるものを見つけ発散するという方法です。

ストレスを対処することができる方法はどのようなことでもかまいません。買い物に行く、おいしいものも食べる、音楽を聞く、などなんでもOKです。

精神がおかしくなり爆発しそうになっている時は、ストレスを発散できることをして、気持ちにストップをかけていってください。

重度であればこの対処法は無理かもしれませんが、軽度で自分で「今、精神がおかしくなっている」と思った時にはすかさず発散できるものでストレスを解消していきましょう。

病院へ行く

おすすめの対処法として最後に紹介したいのは、病院へ行き診てもらうという方法です。

精神疾患が心配な場合は精神科、精神神経科、神経科。心理的な問題がある場合は心療内科。認知症やてんかんなどの疑いがある場合は神経内科に行くようにしましょう。

しかし、このように症状別に行く科をチェックしても、自分がどこに当てはまるのか分からないというケースも少なくありません。

その場合は、精神保健福祉センターや保健所へ連絡し、相談に乗ってもらうようにしましょう。自分が何科へ行けばいいのか分かったら病院へ行き、診断を受け理療という流れになります。

治療方法は、薬を用いて治療を行う薬物療法、高照度光刺激療法などを行う身体的治療、行動をよりよい方向に導いていく行動療法、無意識のうちに行う行動を分析していく精神分析療法などの心理的治療があります。

身体的、心理的治療を病院では行っていくようになります。とはいっても程度によって治療内容は変わってきます。重度の場合は入院となり、先ほど紹介したような身体的治療や心理的治療を行います。

精神がおかしくなり、さまざまな対処法をしてみたけど良くならないという場合は、すぐに病院へ行くことをおすすめします。

記事の著者

健康・病気の悩みをもっと見る