プレッシャーに弱い人の対処法4選:自分に対して自信を持とう!

プレッシャーに弱い人は、せっかく頑張ってきたことも本番でうまく発揮することができません。それは大変もったいないことです。

そこで今回はプレッシャーに弱い人の対処方法について紹介していきます。

プレッシャーに弱い人はどのような方法でプレッシャーを対処していけばいいのでしょうか。プレッシャーに弱いと自分で思っている人はぜひチェックして、プレッシャーに打ち勝つことができるようになってください。

プレッシャーに弱い人の対処法4選

プレッシャーに弱い人の対処法を4つ紹介します。

自分のことを信じる

プレッシャーに弱い人の特徴として、自分に対して自信がないということがあります。そのためプレッシャーに弱い人はまず、自分のことを信じるようにしてください。

「自分はこれだけ努力してきたんだから大丈夫」と自分に言い聞かせることで、自分自身への自信に繋がってくるはずです。

しかし自分に自信を持つということは、簡単ではありません。自分が本当に頑張っていないと、この対処法は行うことができないでしょう。

いくら自分に「私は頑張ってきたから」と思いこませようとしても、そこまで努力していなければどこかで自分のことを信じることができなくなります。

自分のことを自分で信じることができるように、きちんと目標に向けて努力するということがプレッシャーの対処法になります。

いつでも本番だと思って本気で取り組む

プレッシャーというものは、緊張からやってくることが多いです。本番となると、どうしても緊張してしまいます。そのためプレッシャーも同時に感じてしまうようです。

プレッシャーに弱いという人は、常に「いつでもこれは本番だ」と思い込む必要があります。「どうせこれは練習だから」と言って緊張感なく練習してしまうと本番で緊張してしまいます。

練習の時にはさも本番であるかのように練習を行い、毎回本番だと思い込んで真剣に練習に取り組むことによって、いい緊張感も生まれ、本番で緊張しなくなるはずです。

完璧主義の考えをやめる

プレッシャーに弱い人は完璧主義の人が多い傾向にあります。「絶対にこうしなければならない」と思い込んでしまい緊張しプレッシャーを感じてしまうのです。

失敗しても大丈夫くらいの軽い気持ちで行うようにするといいでしょう。

もし失敗したとしても「次にこの失敗を生かせるから今失敗してよかった」と前向きに物事を考えることができるようになれば、プレッシャーに勝つこともできるし前向きにもなれるまさに一石二鳥です。

おまじないをして心を静める

プレッシャーに弱いという人は、プレッシャーを対処することができるおまじないを行うことをおすすめします。

ノートを使ったおまじない

ノートにピンクのペンを使って大きなハートを書く。ハートの中には「〇〇ちゃん」などあなたが小さい頃に呼ばれていた感じで自分の名前を書いく。

「大丈夫、絶対にうまくいくよ」といった自分を励ますためのメッセージもハートの中に書いていきます。書いた後に自分でメッセージを読み返すこと。

メッセージを書いた紙は小さく折りたたんで、財布など自分がいつも持ち歩くものの中に入れてください。

プレッシャーは緊張からくるものなので、緊張しなくなるおまじないでも効果を得ることができるでしょう。

アマリリスの呪文

人前で話す時などの前に「アマリリス」と17回声に出していきます。なぜアマリリスなのか、実はアマリリスは花で花言葉はおしゃべりなんです。

鶴のおまじない

こちらも人前で話す時のおすすめのおまじないです。小さい折り紙を用意し鶴を折っていきます。折った鶴は左手に握っておきます。

おまじないを行うことで心を静めることができるため、プレッシャーに弱い人の対処法としてぴったりです。

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る