病院で働きながら看護師・准看護師の資格を取得する方法まとめ

看護師になるには、セオリー通りにいくと看護師の学校に通って資格を取得することを思い浮かべますが、実は病院で働きながら看護師・准看護士の資格を取得する方法もあります。

今回はそんな病院で働きながら看護師・准看護士の資格を取得する方法をご紹介します。

准看護士を取得してから正看護師を取得する

病院で働きながら看護師・准看護師の資格を取得するうえでおすすめなのは、まず准看護師の資格を取得してから、正看護師の資格を取得するという段階を踏むやり方です。

働きながら正看護師の資格をいきなり取ろうと考えても、正看護師の資格取得は全日の学校に通う必要があるため難しいです。

しかし、実は准看護士資格なら働きながら取得することが可能です。

そしてまず准看護士を取得できた場合、正看護師の資格は、通信か定時制の学校で取得することが可能です。

働きながら正看護師の資格を取得するには、少し遠回りにはなりますがまず准看護師の資格を取得することからスタートしましょう。

まずは看護助手として勤務する

准看護師の資格を取得するには、まず看護助手として仕事を始めましょう。

一般企業に勤めていても准看護学校に入学することは可能ですが、看護助手として働いていた方が面接官の受けがよいようです。

また、看護助手として働く病院の推薦で付属の学校に入学できるケースもあります。そのため勤務する病院を探す際は付属の学校があるかどうかチェックしてみるのもよいでしょう。

看護助手は看護師免許を持たないため、医療行為はできません。具体的な仕事内容としては、入院患者さんの身の回りの世話や備品管理、患者さんの家族への連絡などを行います。

どちらかというと介護業務に近いところからスタートします。

准看護師資格を取得する

看護助手として勤務をしている間に、准看護学校に入学します。准看護学校の定時制では、午後や夜間に授業を行うことが多いようです。

そのため、空いた時間は看護助手としての勤務に充てることができます。収入がゼロになるわけではないため働き続けなければならない人には助かる方法といえます。

また、准看護学校に通う際は奨学金制度を利用するのもよいでしょう。授業料の貸付を行っている病院で働くことも可能ですので、調べてみましょう。

准看護学校の数は比較的少ないので、通える範囲にあるのかどうか前もって調べることが大切です。

正看護師資格を取得する

准看護師資格が取得出来たら、次は正看護師免許を取得しましょう。

そのためには定時制の正看護師の学校に通うか通信制の学校に通うかを選べます。ただ通信制の場合は7年間、准看護師として実務経験が必要なので注意しましょう。

定時制の学校であれば実務経験なしで入学できます。

その場合、最短3年で卒業して資格を取得できるので一番早いルートだと5年間で正看護師の資格を取得できることになります。

正看護師として働きたいのか、年齢や今後のキャリアプランを見据えて正看護学校に通うのか決めるといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

看護師は働きながらでも目指せる職業です。社会人になってからも目指したい気持ちがあればぜひチャレンジしてみてください。

特に准看護師は社会人経験者が多いので、励みになるはずです。

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る