保育園で働きながら保育士の資格を取得する方法まとめ

子どもが大好きで、小さい頃は保育士になりたかったという人も多いのではないでしょうか。

保育士は基本的には保育士資格が必要なので、社会人になってから目指そうとするとなかなか難しいものがあります。

今回はそんな保育士の資格を、保育園で働きながら取得する方法を紹介していきますので、ぜひ実践してみてください。

また、保育士の資格がなくても転職サイトの「ほいく畑」なら、未経験でも就業できる求人も掲載されています。まずは一旦経験を積んでから、資格取得を目指してもいいかもしれません。まずは公式サイトをチェックしてみてください!

ほいく畑のサイトを見る

保育士になるには

まず、保育士になるには二通りの方法があり、保育士の養成学校に通って保育士の資格を取るか、保育士試験に受かって資格を取得するかを選ぶことができます。

それぞれの方法の特徴を整理して、自分に合ったやり方で保育士を目指しましょう。

保育士養成校に通う

最も一般的なルートで、保育士の養成学校であれば卒業と同時に保育士の資格を与えられます。

保育士試験に受かれば、その後は就職先を探すだけです。一度社会に出てから改めて養成学校に通うので費用はかさみますが、就職のサポートもあるため、保育士として働くには最短の方法でしょう。

養成学校に通わずに保育士試験に受ける

保育士試験は養成学校を卒業しなくても実は受験ができます。しかし、受けるまでにはいくつか必要な条件があり、これを社会人として働きながらクリアするのはなかなか難しいでしょう。

必要な条件というのは、所定の施設で2年以上かつ総勤務時間が2,880時間以上勤務する(1日6時間以上、1ヶ月20日以上)必要があるということです。

所定の施設とは無認可の保育園か時間外保育士、児童福祉施設のことを指します。これらで必要な時間勤務できれば、保育士の受験資格が得られるのです。

保育士試験を受ける際にかかる費用

予備校や通信講座で保育士試験の勉強をするためには~50万円程、大学の通信課程で勉強をするには50万円~と費用がかかります。

働きながら学校や予備校に通っても良いですし、自分で勉強できる人はテキスト代だけの独学で取得することも可能です。ご家庭の経済状況と相談しながら決めましょう。

無資格でも保育園で働ける人の特徴

保育園は基本的にはお子さんの命を預かる場ですので、いい加減な人や責任感のない人は働けません。

特に、無認可の保育園で度々事故が起こり問題視されている中で、無資格の保育士は採用基準が高くなってきているでしょう。

それでは、どうすれば無資格でも保育園で働けるのか見ていきましょう。

社会人経験を積んでいる

まずはポイントとして、もともとしっかり企業に勤めていたりして社会人経験があったり、責任感ややり遂げる力が強い人が採用される傾向にあります。

社会人としての信用は保育園で勤務する際も通じるものですから、有利になりやすいのです。

保育士資格取得後のプランが明確

保育士資格を取得した後もずっと働き続ける意思があることを伝えると、より採用されやすくなるでしょう。

資格に受かってからそのまま働き続けられるので、保育園にとっても自分にとってもメリットになります。

シフトの融通がきく

次にできるだけシフトに柔軟に入れる人が優遇される傾向にあります。保育士不足が深刻になる中で、無資格でもシフトを埋めてくれる人は重要だからです。

保育園で働きながら、保育士資格を取る!と決めたなら、ぜひフルタイムで働く覚悟で勤務するといいでしょう。その方が資格試験の受験資格も最短で満たすことができます。

働きながら保育士の資格を取るには

現在はさまざまな働き方があるので、資格がなくても保育助手として保育園で働くことができます。

学校を卒業しないと現場に出られない学生と比べて、フルタイムで働きながら現場も学べることはとてもメリットになります。

保育士を目指したい!と思ったら、まずは無認可の保育園で勤めてみるところから始めてみてください。意外な向き不向きがわかったり、より意欲が湧いたりするかもしれません。

保育専門の転職サイト「ほいく畑」では、未経験でも保育関連の仕事をしたい方をサポートする体制が整っているので、引け目を感じることなく資格習得までの間働く職場を探すことができます。

求人数が多く、資格がなくても就業できる求人もそろっているので、まずは無料登録をしてチェックしてみてください。

ほいく畑のサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る