バツイチ子持ち女性ならではの魅力と恋愛するときのポイント

バツイチ子持ちだけど、また恋愛したい。一人の女性として恋をしたいバツイチ子持ちの女性は多いですが、子どものことを考えるとなかなか恋愛や再婚に踏み切れなかったり、色々お悩みがあるのではないでしょうか。

今回は、そんなバツイチ子持ちの女性が恋愛するときのポイントについてご紹介します。

自分はバツイチで子どもがいる、ということがネックになってアピールできなかったり、恋愛に対してあと一歩踏み切れずにいる方はぜひ参考にしてください。

バツイチ子持ち女性ならではの魅力

バツイチ子持ちには、未婚の女性にはない魅力があります。離婚を経験しているというのは決してマイナスの印象ばかりではありません。

経験が豊富

バツイチ子持ちの女性は、離婚に至るまでに色々な荒波を乗り越えたり辛い経験をしています。辛い経験は人を大きく成長させ、広い心を育ててくれます。

バツイチ子持ちの女性は器が大きく、成熟した大人の恋愛ができるところが最大のアピールポイントになるでしょう。

包容力がある

子持ちの女性は、子供を育てる包容力と優しさ・寛容さを持ち合わせています。そんな女性に無条件に安心感を抱く男性も多いです。

また、子持ち女性ならではの母性にのめり込んでしまう男性も多いようです。あなたと一緒にいることで、男性は未婚女性にはない安心感や信頼感を抱いてくれます。

シングルマザーとしての覚悟を持っている

子どもを育てるということは並大抵のことではありません。しかもシングルマザーで育児をしている人は、世間の人が思っているよりもずっと大変なことを経験しているでしょう。

そんな状況で育児をした母親は、苦労の数だけ愛情深く強い人間になっているはずです。強くて優しい女性であるという点に惹かれる男性も多いので、自信を持ってアピールしてみてください。

バツイチ子持ち女性が恋愛するためのポイント

バツイチ子持ち女性ならではの魅力について紹介しましたが、バツイチ子持ちでの恋愛は1人だけのものではありません。

子どもと一緒に幸せになれるように、バツイチ子持ち女性が恋愛するためのポイントを紹介します。

子どもの幸せを考える


まず何よりも一番に子どものことを考えた恋愛をしてください。

本来恋愛は1対1のものですが、バツイチ子持ちの場合は必ず子どもも含めた関係について考えなければなりません。大切な子どもが寂しい気持ちにならないように、子どもも一緒に幸せになれる恋愛をしましょう。

相手選びは慎重に

現在恋人がいる方は、その人が自分と子どもにとってふさわしいのか、もう一度よく考えてみてください。これから恋人を見つけたい人や、好きな人がいる人も同様です。

子どもも一緒に幸せになるためには、相手選びがもっとも大切です。恋愛だけに夢中になり、子どものことを全然考えてくれないような人では、子どもは幸せになれません。あなたを大切にするのと同じように子どものことも考えてくれる人を選びましょう。

バツイチ子持ちは未婚の独身女性とは違います。子どもの人生を背負っているのです。どんなに恋愛に夢中になっても子どもがいるという事実を忘れてはいけません。子どものためにも、良い相手をしっかり見極めてください。

さいごに


今回はバツイチ子持ち女性が恋愛するためのポイントを紹介しました。バツイチ子持ちでも、恋愛をあきらめる必要はありません。

あなたと子どもが幸せになれるように、しっかりと相手を見極めて、良い相手と素敵な恋愛をすることを願っています。

また恋愛したいけど身近には出会いがないし、育児で忙しいという方には、大手マッチングアプリpairsがおすすめです。メッセージ機能を使えば好きな時間、場所で出会いを見つけられます。

プロフィールには既婚歴や子どもの有無を記入する箇所もあるため、いいね!をしてくれたり、メッセージをやりとりしてくれている男性は自分がバツイチ子持ちであることを知った上で接してくれているため、理解ある男性と出会うことができるでしょう。

pairsで新しい恋をはじめる

Tags

ライター