楽チン?退屈?ルーチンワークが多い仕事10選

順序やマニュアルが細かく決まっていて、その通りに動けばスムーズに作業が進むことを、ルーチンワークといいます。

仕事において、このルーチンワークが多いと、作業効率も上がり、ミスも少なくなります。

また、作業中に臨機応変な対応をすることもなく、難しいことを考えなくても良いので、楽な仕事と捉える人も多いようです。

今回はルーチンワークの多い仕事と、果たしてルーチンワークが多い仕事は楽なのか?というところを見ていきます。

ルーチンワークの多い仕事10選

工場のライン業務

工場のラインの仕事で最も重要なポイントは、自動化された工場のシステムの流れを止めないことです。

そのため、同じ場所に立って、ひたすら流れてくる製品の不備を確かめ、不良品があれば取り除く、という作業を繰り返します。

単純な作業なので、だれでも就ける仕事である反面、単調さ故の苦しみもあり、一つのことをずっとやるというのは精神的に辛い時もあります。

また、同じ作業を繰り返すだけでなく、不良品を一つも見逃してはいけないので、かなりの集中力が必要です。

チャップリンの「モダンタイムス」という映画に、工場で働く男が、働きすぎて工場の作業のクセが取れず、家に帰ってもずっと作業してしまう。という場面がありました。

これは当時、職業難民が工場で働くケースが多く、生活のために仕事を選ばない愚かさと、それを推奨していた世相を皮肉った映画です。

ただ、一度慣れてしまえば、あとは基本的に同じ作業の繰り返しになります。また一人での作業も多いため、コミュニケーションが苦手な人には向いている仕事でしょう。

タクシードライバー

タクシードライバーは孤高で自由な会社員です。自分の担当タクシーに乗った瞬間から、うるさい上司も気に入らない同僚も関係ない、自分だけのビジネススペースです。

また、タクシードライバーの給料は完全歩合制なので、バリバリ運転すればそれだけ自分の収入も増えます。

いつも同じエリアでお客を乗せていれば、だいたい目的地は絞られてくるので、その場所への運転に慣れれば最高のルーチンワークとなるでしょう。

一方で、閉鎖された空間であるがために人間の本性が出やすく、お客さんと揉め事の多い仕事の一つでもあります。

夜間の仕事や長距離の運転を頼まれることもあり、仕事時間は規則的とは言えません。加えて、毎日7時間以上車に座りっぱなしの状態が続くこともあり、腰にかなりの負担がきます。

自分のペースで仕事ができるので、体の調子を見ながら仕事をすることで解決できるでしょう。

事務職

事務の仕事はルーチンワークの代表格と言えます。

上から指示された通りの書類を作製し、依頼された物品を購入し、それに関する経費などをまとめて、担当部署に渡す。というのが主な仕事です。

会社員にありがちな営業ノルマや業務成績のランク付けなどもなく、残業もほとんどなく定時で帰宅出来るため、プライベートの時間を十分に確保できる、ストレスの少ない仕事です。

ただし、その分給料も低く、将来家庭を持つことを考えている男性にはオススメ出来ません。

少し前までは、女性が結婚するまでの間に就く仕事の定番が事務職でした。ですが今では、正社員が事務の仕事をすること自体少なく、派遣社員や契約社員の仕事になりつつあります。

お墓参り代行

最近知られるようになった仕事で、お墓参り代行業というのをご存じでしょうか?依頼者に代わってお墓に行き墓前の手入れやお供え物などを行い、行く前と行った後の状態を写真などに収めて報告します。

報酬は1回平均5千〜1万円あたりで、業務の時間やノルマなどは特に決められていないため、自分の好きなタイミングで行うことの出来る仕事です。

お墓参りは年に数回しか行かないイメージがあるので、そんなに需要は無いように思われるかもしれませんが、最近では行事に関わらずお墓参りに行くことが多くなってきています。

また、少子高齢化に伴ってお墓参りする人が高齢者ばかりになってくると、体力的にも行きづらくなっている人が増え、一年通して依頼はあるようです。

丁寧さだけ心がければ、気軽に出来る仕事なので、復業として注目を集めているようです。

配達員

トラックを運転して荷物を届ける配達員の仕事には、家に届ける宅配便以外にも、コンビニ商品の納品、クリーニング店から工場への衣類の輸送、自動販売機に入れる飲み物を運ぶ仕事など、様々な形態があります。

運転ルートや配達の手順を覚えてしまえば、それをひたすらこなすルーチンワークになります。長時間の運転が苦にならない人にとっては、こんなに楽な仕事はないように思えるかもしれません。

ところが、この配達業、かなりの重労働です。今では配達の時間や曜日の指定は当たり前で時間厳守ですが、毎回スイスイと配達が上手くいくわけではありません。

渋滞や交通事故など予期せぬ出来事で配達が遅れてしまっても、指定時刻に間に合わなければ苦情の原因になります。そのため配達員は、常に時間によるストレスを感じています。

時給や日当ではなく、ノルマによる完全な歩合制のため、一日にどれだけ配達できるかで業務時間は変わります。配達に行った家が留守だったりすると、一日に何度もその家に行くことになり、他の配達にも影響してきます。

最近では即日配達を謳う通販会社も増え、次々と無茶な配達スピードが配達員に要求されており、これからもっとキツい仕事になっていくかもしれません。

倉庫の入出庫管理

指定された荷物を指定された倉庫に運び入れたり、逆に倉庫から指定された届け先に出庫する仕事です。多くの倉庫は湾岸や港にあり、交通が便利なのが大きなメリットです。

ですが、夜間の業務になることが多く、生活リズムや食生活は確実に狂います。また、重い荷物や大きな荷物も取り扱うため、体力的にもキツく、ケガのリスクも大きいです。

さらに、荷物や倉庫を間違えると、依頼者に大きな影響がある上、その後の仕事にも支障が出るため、慎重さと集中力が必要になります。

大型トラック運転手

高速道路を駆使して、日本各地に荷物を輸送します。運転中は一人なので、人間関係や上下関係のしがらみとは無縁です。

しかし、近年の不景気による余波は運送業者にも押し寄せ、人員減や高速料金などの経費削減を余儀なくされました。

にもかかわらず日本中を駆け回るため労働時間はかなり長く、体力的にも重労働で、ニュースで取り上げられる程の「割りに合わない仕事」となっています。

医療用ガスの配達

最近注目されている仕事に、医療用ガスの配達業があります。

業務内容は簡単で、一日に数回(平均3回程度)専用の車で病院に向かい、病院に備え付けられているガス設備のボンベを交換するだけです。

作業の合間の時間は自由で、昼寝をしていても、喫茶店に入っていても、デートをしていても構いません。しかも、公務員並みの高収入です。

採用条件は高卒以上で普通免許取得程度。興味があるなら、一度調べてみてはいかがでしょうか。

清掃員

オフィスビルや駅など大型施設を掃除する清掃員は、場所によって多少変わりますが、基本的には同じ作業を毎日繰り返すルーチンワークです。

掃除の手順、備品の追加、チェックするポイントなど、覚えてしまえば簡単な作業で、コツコツしたことが苦にならない人なら、ストレスの少ない仕事です。

もちろん収入面ではパートタイムの仕事並みで、内容も刺激の少ない、面白みに欠けるかもしれませんが、男女年齢問わず、誰でも就ける仕事になっています。

ルートセールス

セールス業務には大きく分けて「ルートセールス」と「新規セールス」があります。

ルートセールスはすでに会社と取引のある相手に営業をかけるので、まだ取引のない見込み客をひたすら訪問したり電話をかけたりして営業をかける新規セールスと違い、比較的ゆったりした仕事です。

また、取引相手とは顔馴染みになることが多いため、新規セールスのように訪問したはいいが冷たく追い返されてしまったり、厳しい言葉を言われたりすることもなく、ストレスの少ない仕事だと言えるでしょう。

とはいえ、やはり営業は数字が勝負の世界。ノルマや営業成績はきちんと残さなければならないというプレッシャーはやはりつきものです。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る