メンタルが弱い人の特徴と対処法まとめ:失敗から立ち直れないあなたへ

あなたは仕事や家事、人間関係などで落ち込んでしまった時にメンタルが弱いなあと思ったことはありませんか?

メンタルが弱い人と強い人は何が違うのでしょう。

メンタルが弱い人と強い人を比較しながら、メンタルが弱い人の原因と克服方法について紹介していきます。

メンタルの弱さで悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい。

メンタルが弱い人の特徴

メンタルが弱い人は、下記のような特徴があります。

1 細かいことを気にしすぎる
2 良いことがあっても良いこととしてカウントできない
3 頼まれ事を断れない
4 何かが起きるとまず自分を責める
5 人目が気になる

メンタルが弱い人の共通点

メンタルが弱い人は、とにかく物事を悪い方に考えてしまうという点があります。
例えば、何かあるとすぐに落ち込んでしまったり、物事の悪い部分だけをみて、悲観的に考えてしまうなどです。

メンタルが弱い人と強い人では、何が違うかと言えば、当人の物事に対しての受け取り方や捉え方が異なるということがあり、ストレス反応に違いが見られるということがあります。

物事の捉え方や感じ方は、育った環境や性格も大きく関わりますが、思考癖をポジティブシンキングに変えることによって、ストレスの感じ方を変えることが出来るようになるでしょう。

メンタルが弱い原因

メンタルが弱い人は自己肯定感が低い傾向にあります。

自分に自信が持てないために、何か問題が発生したり、トラブルがあると、自分を責めてしまい自分を肯定できなくなってしまいます。

自己肯定感が高いと、同じ出来事が起きても、自分で自分の事を大切にすることができるため、ストレスに強くあまり落ち込み過ぎないように考え方を変えることができます。

自分を責め過ぎてしまう人

自分を責めることは現実逃避であり、自己防衛です。まずは、そのことを自覚してみましょう。

自分を責め過ぎずに、問題の解決する方法を考えることに集中して、物事を客観的に捉えるようにしてみて下さい。

メンタルを強くする対処法

自己肯定感を高める方法として、自分自身を大切にして、好きなことをしてみるのがいいでしょう。

映画鑑賞をしたり、お買い物をしたり、自分の好きなことをしてみて下さい。

また、美容院やエステに行ったり、新しい洋服を買ったりして、自分を自分自身をいたわるのもおすすめです。

自分を大切に扱えば、考え方も段々と変化してきて、マイナス思考な考えも無くなり自分に自信が出てくるはずです。

さらに、小さなことでも良いので、成功体験を積むこともオススメです。勉強でも、スポーツでも、小さな成功体験を積み重ねることによって、自分に自信が持てるようになってきます。

メンタルもスキルの一つ

メンタルもスキルの一つでプレゼンテーションや、資料作成といったスキルと同じように、学んで習得していくもの。
少しずつメンタルスキルを身につけていきましょう。

1 自分の弱いメンタルと向き合う
2 感度を下げて、受け流す
3 心の支えになる人や、言葉、音楽を持つ

まとめ

現代はストレス社会で、毎日いろんなストレスがあります。引っ越し、卒業、入学、結婚、就職、出産などのライブイベントもストレスを感じやすい時期です。良いこともストレスになったりします。

日々のストレスに負けないように、自分で自分を大切にして、マイナス思考を改善して、毎日ハッピーに過ごしましょう!

幸せかどうかは自分自身で決めることなので、自分の気持ちに素直に、自分を大切にしていれば周りも大切に扱ってくれるようになりますし、自信がつけば、悪い方に考えてしまうのも、軌道修正されて、ストレスに強くメンタルをもったあなたに、きっとなれるはずです。

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る