30代ニートの正社員就職を成功させる方法:まずは社会を知るところからはじめよう

30代でニートの方はどのような人なのでしょう。

今までは普通に働いていたけれど退職してから働く意欲を無くしてしまった人や就職する意思はあるけれど就職先が決まらない人。そもそも就職の仕方が分からない人など様々な要因があって働けていない方も多いでしょう。

今回は、そんな30代ニートの方が正社員として就職を成功させるにはどうすれば良いか説明したいと思います。

現代日本のニートの割合

現在日本でニート・フリーターの占める割合は30%近く占めているという調査結果があります。

非正規雇用、アルバイト、パートの割合が増加する日本では、フリーター30%という割合は妥当性があるでしょう。

その内、職にすらついてないニートの割合は1.5%程です。日本の人口1億2千万人だとしても180万人近くいるという事です。

この数は年々増加しており、社会問題にもよく取り上げられています。働けない、就活がうまくいかないなどの原因がニートの割合を増やしている要因の一つなのです。

30歳ニート就職希望者がつまずく原因3選

社会経験があまりないニートは、現実と想像とのギャップに就職を諦めてしまうことが多いようです。まずは、いつまでも今の現状が続かないことを理解し社会に出ることが大切です。

1.現実は甘くない

一念発起して仕事を探そうとしても30歳でニートをやっていた人を企業がすんなり採用するかと言われたら、少し難しいものがあるでしょう。

過去に職歴があればまた別ですが、職歴なしでニートであった場合は有利な資格などが無い限り、即正社員採用となれる可能性は極端に低いです。

また、採用情報は多いのに実際面接しても雇ってくれなかったという現実を突きつけられた結果、一念発起したニートが就職を諦めてしまう傾向にあります。

結局これではまたニートに逆戻りです。就職活動者がつまづく大きな原因は、ニートの希望と現実の条件が乖離していると気が付くことによって起こるようです。

2.プライドが邪魔をする

ニートの人は自己肯定をする傾向が強いです。合わせてプライドも高く、就職先を選別してしまいがちでしょう。

余るほど求人広告が出ている現代で、就職先がないと嘆いているニートの方は「こんな仕事できるか!」とプライドが邪魔をしている場合があります。

就職が決まっても、すぐ辞めてしまう場合なども同じです。ひとまずそのプライドを捨て、耐えることから始めましょう。

3.現在の生活に甘えてしまう

結局就職が決まらなくても、今まで通りの生活に戻れば良いと思っているニートの方も多いです。親が今まで通り養ってくれる、何とか生きていけるだろうと甘く見ている場合です。

しかし30代のニートともなると、親も高齢化し子供を養えるだけの仕事をこなせなくなってきます。現実にしっかり目を向け、対策を練る必要があるのです。

30代ニートに有効な就職活動方法4選

30代はまだまだ若く、将来性も十分にあります。以下に具体的に方法を挙げますので、参考になれば幸いです。

1.ひとまず社会にでる

30代ニートの方で、今まで職歴がない方はまず社会に出てみることが大切です。例えば、現代はコンビニが至る所にあります。

まずは、実家から通える距離のコンビニでアルバイトから始めてみるのが良いでしょう。そこで職歴を積んで、ある程度期間を経てから本格的に就職活動してみるのが良いかもません。

実際に社会に出て理不尽なことや、面白いことを経験することでその経験が面接や採用活動に大きく左右してくるものです。

2.資格を取得する

やりたい職業を見つけるとともに、それに関連した資格などの取得に時間をかけるのも良いでしょう。

ニート・フリーターの最大の武器は「時間」です。時間を最大限活用できるようになったら正社員として採用され仕事をこなす中でも、自分の力を最大限発揮できるでしょう。

3.就活サイトは必ず登録する

そもそも情報が無ければ就職活動はできません。情報を多く取得し、自分のやりたいこと、自分に合った仕事などをひとまず見つけてしまいましょう。

就活サイトは業種ごとの検索ができるので、自分のやりたい職業から就職先を選別するのに役立ちます。

4.職業訓練を受ける

ハローワークなどで主催している職業訓練を受けましょう。無料で、かつ就職活動に有利なスキルや資格が身に付きます。

職業訓練は就職してからでは受けられないので、逆に今受けて必要なスキルを身に着けることが結果プラスになる場合も多いので、ぜひ活用してみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。30歳ニートの方はまだまだ諦める年齢ではありません。

将来性も十分ですし、ここから何にでもなれます。実際社会の目は厳しいものがあるかもしれませんがそれを押しのけられる力をもっています。

この記事がその一助になれば幸いです。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る