年収150万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法

現在、新卒で会社に入社した方、パートやアルバイトをして収入を得ている方、たくさんいます。

新入社員の方、パートやアルバイトとして仕事をしている方なら収入はそこまでありません。大体年収150万円くらいが相場です。

年収150万円は正直少ないです。しかし、貯金が無い方にはこのお金で生活していくしかありません。

今回は年収150万円の人のライフスタイルそして、このままの年収では満足できない、という方にどのようにすれば収入を上げることができるのかを教えます。

年収150万円の人の手取りや月収は?

まず、年収150万円の人の金額の詳細を見ていきましょう。

手取りがいくらで月収がいくらかを把握しておくと、これからのライフスタイルや、収入を増やすための見通しが立つかもしれません。

年収150万円の人の手取りは約130万円

そもそも、手取りとは何なのでしょうか。

手取りというのは、支払われた額から、社会保険料や所得税などを引いて残ったもののことを指します。

それを理解した上で、年収150万円の人の手取りを見てみましょう。

年収150万円の人の手元に入ってくるお金はおおよそ130万円ほどです。

日本は累進課税制度なので稼げば稼ぐほど税金がかかりますが、収入が低い方はそこまで税金がかかりません。

年収150万円の人の月収は12万5千円

まず、月給と月収の違いを理解しているでしょうか。

月給は、1ヶ月単位で定められた給与であり、月収は年収を12ヶ月で割ったものです。

年収150万円の方の月収は単純に12万5千円です。そして、手元に入ってくるお金は約10万円程度となります。

年収150万円の人のライフスタイル

家賃、貯金額、趣味、結婚など、ライフスタイルにはお金が直結して関わってきます。

年収150万円の人のライフスタイルはどのようなものが多いのでしょうか。

家賃の相場は3~4万円

年収150万円の人は一軒家を持つことは難しいので、賃貸住宅に住むことになります。

家賃にかけれるお金は手元に入ってくるお金の約3割とされています。よって、家賃の相場は3万円~4万円といったところです。

地方ならこのくらいの家賃でも1dkほどの間取りの家に住むことは可能です。都内では厳しいので、千葉など都内近辺の関東に住むことをお勧めします。

1年で30万貯金可能!

年収150万円の人でも、計画的な人や、物欲があまりない人なら貯金をすることは大いに可能です。

しかし、収入が少ないので、その分貯金できる額も少なくなります。よって、1年で30万円貯めることができれば十分です。

貯金のコツは地道に貯めていくことです。毎月目標貯金額を定めて、それに従ってお金を使用していくことをおすすめします。

趣味にもお金を使える

趣味はおそらく多少は我慢しなくてはいけません。貯金する予定のお金を趣味に使う、ということもできると思いますが、あまり良いとは言えません。

しかし、まったく趣味にお金を使えないことはありません。

月1万円ほどなら趣味にお金を使うこともでき、貯金もすることが可能です。

結婚して家庭を持つのは苦しい?

結婚をする、ということはできないことはないですが、生活的にかなり厳しくなります。

配偶者と共働き、という場合には負担はそこまでかからないですが、それでもこの年収での結婚はおすすめしません。

結婚は早くしたい気持ちはわかりますが、経済的に余裕ができてからでないと、将来厳しくなることは間違いありません。

収入を増やすためには

正直、年収150万円くらいでは、物足りない、生活が厳しいと思う方がほとんどです。

ではどうすれば収入を上げることができるのか。企業によっては、資格を持っていることで収入が増えるというところもあります。

また、一般的に日本の企業は年功序列制度ですので、若いうちは収入も少ないです。

これでは満足できないという方は実力主義の企業も最近は増えているので、そういった企業に転職することもよいです。

また、小遣い程度のお金をタスクワークなどの副業で稼ぐこともできます。

実際、サラリーマンの方などで副業をしている人もいます。しかし、企業によっては副業はしてはいけない、というところが多いと思うのでそこには注意が必要です。

最後に

いかがでしたか、年収150万は少ないと思うかもしれませんが、生活は問題なくできます。

しかし、この年収が何年も続く、賞与が出ない、そういった場合なら思い切って転職も考えてみてはどうでしょう。

また、今の収入を増やす、そういったこともできないことはありません。

今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る