シングルマザーが再婚して幸せになるコツ5つ:子供の気持ちだけでなく自分の直感も大切に!

「旦那がいなくても大丈夫!」「誰にも頼らず、頑張って子どもと一緒に強く生きていく!」離婚した直後は、誰でもきっとそう思いますよね。

でも、一人でずっと頑張り続けなくてもいいんです。また別の男性に恋をしたり、それが結婚に発展したり。子連れだし…と自分に言い聞かせて、新しい可能性を捨てていてはもったいないです。

今回は、シングルマザーが幸せな家族を作るためのコツ5つをご紹介します。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

また、シングルマザーを理由に恋愛することに抵抗を感じている方や、再婚したいけれど子供のことを考えるとためらってしまう方は、一度ヴェルニの電話占いで相談してみてはいかがですか?

ヴェルニでは、今後どのようにしていくべきなのか、あなたが幸せになるためのヒントをもらえるでしょう。

登録無料!ヴェルニで電話占いをする

1.相手選びは、子どもだけでなく自分との相性も大切!

シングルマザーが何かを考える時の中心は、常に子どもにいってしまいがち。

素晴らしい母親だと思いますが、結婚相手を子ども目線だけで選ぶのはちょっと待ってください。そこに、あなたの「好き」という気持ちや、胸のドキドキはちゃんとありますか?

「この男性は父親としてふさわしいかな?」「子どもにとっていいお父さんになってくれるかな?」という目線だけで父親選びをしていると、自分が満たされない結果になってしまうこともあります。

まずは、その男性が自分にとって相性のいい人なのか、ちゃんと相手を見ることもお互いのためです。

2.子どもに父親と恋人を比べさせない

自分の好きな相手がいたら、子どもにも気に入ってほしいのは当たり前。でも、焦りは禁物です。

あまり結論を急ぎすぎると、子どもが父親と恋人を比べるようになってしまう恐れがあるからです。

お子さんも本当は、世界にたった一人だけの自分の本当の父親と誰かを比較なんてしたくないのです。

あなたの新しい恋人を気に入る気に入らないは、お子さん自身が感じることなので、委ねましょう。お母さんが押せば押すほど、子どもは素直に意見を言えなくなりますよ。

恋人のいいところを引き出したいのなら、押し付けず、時間をかけて子どもに見つけさせるのがベスト。あなたが好きになった人ですから大丈夫!と自信を持って。

大事なお子さんを、むやみに複雑な関係で混乱させたりしないでくださいね。

3.女性の顔と母親の顔、両方を見せる

新しい恋人に、たとえあなたに子どもがいることを伝えていたとしても。女である姿しか見せていないうちは、まだ再婚の決断を焦ってはいけません。どんなにその男性との仲が順調でも、です。

再婚すると、一緒に暮らし始めた瞬間から、あなたは相手に母親の姿を見せることになります。相手が、いつも綺麗にしているあなたの“女性”の部分だけを知っていて、そこが好きと思われている場合は、一気に“母親”としての部分を見せるのは危険。

じょじょに三人で会うとか、家に招いて子どもも含めて食事をするとか、少しずつ母親としての顔も見せていくのがいいでしょう。

いろんな顔を彼に対してオープンにしてから、女性としてのあなたも母親としてのあなたも好きだと言ってくれる相手だとわかったら、再婚に向けて進んでも大丈夫なはずです!

5.子どもの状態やタイミングを考える

二人がとても愛し合っている。彼が子どものことを気に入ってくれていて、お子さんも彼になついている。これらの条件がすべてそろっていたとしても、「全部クリア! 即再婚!」とは焦らないでください。

なぜなら、籍を入れるベストな時期は、子どもの状態が安定している時だからです。

子どもがいくら新しい恋人になついていたとしても、産みの父親を想う気持ちが強い時期は、特に慎重に考えるのが正解。お子さんにとって、ちょうどいいタイミングを見極めてください。

ちょうどいいタイミングはいつ?

前の父親と別れた時期にもよりますが、子どもが幼少期・小学校低学年の時期は父親を欲しいと強く思う時期なので再婚に適していると言えるでしょう。

思春期になると子どもは周囲の変化にも敏感になるため、再婚の話題は子どもの気持ちをさらに複雑化させてしまうと考えられますので、避けるのがベターです。

子どものストレスを最小化するためにも、子どもが忙しそうにしている時期や何か他に悩みを抱えていそうな時期は避けましょう。そのためにも、子どもの様子を把握しておくことが大切です。

5.前の結婚相手の悪口を言わない

「私は前の夫にひどい事をされた」「元夫は最低の人だ」など、前の結婚での愚痴を新しい恋人に言うのはまったくの逆効果。彼にしてみたら、同情する以前に、前の夫の話なんて聞きたくもないはずなのです。

離婚した理由を話すとき、その一つの要因として少しだけ話すのはいいとしても、何もかも元夫が悪かったから…と、その場にいない人に責任を押し付けて話すのはよくありません。

相手がかしこい人であれば、「この女性は自分のことを棚に上げて、他の人を冷静に見られない勝手な人だ」と思われてしまうかもしれません。

あえて話す必要がないのなら話さないで。もし話すとしたら、「私もこういうところが悪かったの」と、反省を交えながら打ち明けてみるのがいいでしょう。

まとめ:シングルマザーでも幸せになれる!

離婚したときは、子どもと二人で強く生きていくと決めていたあなた。でも、また素敵な人に出会って恋をし、再婚したいと思う気持ちの変化に戸惑ってしまうかもしれません。

でもそれは、母親として強くなかったからではないのです。好きな人と一緒にいたいのも、頼れる存在が欲しいのも、自然な感情。まず、自分自身を追い込まないでくださいね。

そして、新しい恋人ができても、きっとあなたのお子さんに対する愛情は変わらないはず。再婚したいな、と思ったら、ここからが本当に頑張るとき。今回紹介した方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

また、再婚して幸せになれるのか、再婚相手が今好きな相手でいいのか、と不安になってしまう方には電話占いのヴェルニで相談するのがオススメ。

ヴェルニは400名以上の占い師が在籍する占いサイト。厳しい審査基準をくぐりぬけてきた占い師が集まっており、個人情報も徹底して守られているので信頼して相談できます。

また、電話での鑑定なのでお子さんが寝てからの夜の遅い時間でも、自宅で占ってもらえるのが嬉しいポイント。1分230円~で通話料は一切かかりません。

これまで周りに相談しにくかったシングルマザーならではの悩みを、ぜひ一度相談してみてください。

登録無料!ヴェルニで電話占いをする

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る