小鼻の赤みの4つの原因と正しい治し方:生活習慣の改善が大事

小鼻だけが他の部位よりも赤みが強く、ファンデーションを塗っていても、小鼻の部分だけムラが出来てしまうという経験がある方も多いのではないでしょうか。

実は、小鼻の赤みの原因は1つだけではないのです。そして、原因が多い分、治し方にも様々な方法があります。

今回は、小鼻の赤みの原因と正しい治し方について紹介します。

「もっと小鼻の赤みを取れたら化粧も上手く塗ることが出来るのに・・・。」と悩んでいる方は、参考にしてみてください。

化粧ノリをよくする為にも、改善していきましょう。

小鼻の赤みの原因

小鼻の赤みの原因は、実は4つもあるのです。

それだけ鼻というパーツは、トラブルが起きやすい部位だということが分かります。

炎症

小鼻が赤くなる原因として、紫外線だったりメイクの汚れが残っていることで雑菌が入って皮膚が炎症していることがあります。

もしも洗顔をしているときに、ちょっとだけでも小鼻がヒリヒリする感じのある方は、小鼻が炎症している可能性があるので注意しましょう。

毛細血管拡張症

小鼻の周りの毛細血管が、必要以上に多く発達していたり拡張しすぎていると赤く見えることがあるのです。

この原因は、寒暖差が原因とも言われているため、寒暖差の激しい地方で育った方に多いと言われています。

体質

小さなときから小鼻だけが赤いという方や、よく見てみると血管が浮き出ているように見えるという方もいるでしょう。

そんな方は、生まれもった体質によって、小鼻に赤みが出ている可能性があります。

脂漏性皮膚炎

小鼻の周りが赤くなるだけではなく、ただれていたりニキビが出来やすい人は脂漏性皮膚炎の可能性があります。

過剰に分泌された皮脂が酸化したり、雑菌が入ることが原因で皮膚が荒れた状態になってしまっています。

小鼻の赤みの治し方

小鼻の赤みに4つも原因があるなら、治し方も様々な方法があります。

上記にある自分の小鼻の赤みに当てはまる症状から、合った治し方を見ていきましょう。

炎症している場合

炎症が原因の場合は、洗顔やスキンケアを見直してみてください。

洗顔をする時には、泡立てネットを使いながら、十分に泡立てて優しく転がすように洗いましょう。

また、スキンケアで季節の変わり目などに肌荒れしてしまう場合は、症状に合わせた化粧水などを選ぶことが大切です。

炎症がひどくならないように、保湿はしっかりと行いましょう。

毛細血管拡張症や体質の場合

毛細血管拡張症や体質の場合、生活習慣を見直すことも大事です。

アルコールなどの血管が拡張しやすい食事は、控えてみましょう。

しかし、こちらの場合は完治が難しい場合もありますので、皮膚科でのレーザー治療もおすすめ。

脂漏性皮膚炎の場合

脂漏性皮膚炎の場合は、自分の肌に合った化粧品を使うことが大事です。使用している化粧品を見直すことが、必要になってきます。

洗浄力はしっかりとあるけれど、保湿もちゃんと行ってくれる洗顔料や肌の浸透力への高い化粧水などを選ぶようにしましょう。

また、ビタミンAやビタミンBは、皮脂の分泌を正常にしてくれる栄養があるので、積極的に摂取することを心がけてください。

ビタミンA・・・レバー、うなぎ、卵、緑黄色野菜、チーズなど

ビタミンB・・・豚肉、うなぎ、たらこ、牛乳、ナッツ類など

記事の著者

スキンケアの悩みをもっと見る