赤ら顔の改善方法とは?:気になる原因と治るまでの対処法

赤ら顔に悩む女性は多いのではないでしょうか。出来ることなら病院には行かず、自分で改善出来るまでのことはしたいと思う方も多いでしょう。

赤ら顔は、自分で改善することが難しい場合もあります。しかし、全く改善できないというわけではなく、完治出来る場合もあるのです。

今回は、どんな赤ら顔なら自分で改善することが出来るのか、また改善されるまでの対処法について見ていきましょう。

自分で改善出来る赤ら顔とは?

自分で改善出来る赤ら顔には、原因がアルコールや、刺激によって肌が薄くなる状態で赤ら顔になってしまう場合があります。

これらの3つの原因について詳しく見ていきましょう。

アルコールが原因のもの

アルコールや香辛料などを摂取したときに、肌が赤くなる赤ら顔には2種類あります。

1つ目は一時的な赤ら顔です。こちらの場合は、むしろ健康だと言える状態なので問題はありません。

2つ目は慢性的な赤ら顔です。特にアルコールを摂取した時の赤ら顔が引かないのは、肝機能の低下が疑われます。

アルコールでの慢性的な赤ら顔に困っている場合は、肝臓を休ませて肝機能をサプリメントなどで元気にしてあげることが重要です。

ニキビが原因の赤ら顔

ニキビは大人ニキビや青春ニキビなど色々あります。

その中でも、頬に出来るニキビの主な原因は、乾燥やメイクの汚れ、ホルモンバランスの乱れが上げられます。

そのため、改善方法は洗浄効果のしっかりある洗顔を使い、保湿も怠らない、ということと生活習慣を改善する、という2点に尽きます。

洗浄効果もあって保湿もある洗顔料には、クレイ(泥)を使った洗顔料がおすすめ。

界面活性剤よりも粒子が細かく毛穴の汚れもしっかりと掻き出してくれますし、泥の持つミネラルなどの栄養素を肌に与えてくれるのです。

刺激が原因の赤ら顔

刺激というと、洗顔をしすぎたりすることやタオルでゴシゴシと顔を拭きすぎることが、主な原因です。

そのため、刺激が原因で赤ら顔になっている場合の改善方法は、洗顔を優しくすることやタオルで肌をこすりすぎないようにする、ということになります。

また、それ以外にも保湿効果の高い化粧水や乳液を選んで、肌のバリア機能を高めることも非常に大切です。

改善されるまでの対処法

上記のように、赤ら顔は自分でも改善することは出来ますが、やはり即効性はどれもありません。

では、赤ら顔が改善されるまではどのように赤ら顔を隠すと周りからは分かりにくいのかについて、紹介します。

化粧下地やファンデーション

化粧下地は、赤みを抑えることができるグリーンがおすすめ。

ファンデーションは、出来るだけ保湿効果の高く肌のムラをなくせる、リキッドタイプを選ぶようにしましょう。

カバー力の高いものを選ぶことによって、気になる赤みへのストレスも減らすことができます。

コンシーラー

赤ら顔が目立つ部分には、コンシーラーを使うと良いでしょう。

コンシーラーを使う時には、トントンと赤ら顔の部分に軽く当てるようにして隠してください。

刺激を与えないように、優しく行うことがポイントです。

赤ら顔は自分で改善出来る

赤ら顔は、アルコールやニキビ、刺激が原因なら自分でも改善出来ることが分かりました。

赤ら顔の改善をしている間は、出来るだけ肌のムラを均一にしてくれるファンデーションを選んだり、コンシーラーを上手く使って乗り切りましょう。

記事の著者

スキンケアの悩みをもっと見る