ADHDの人に向いている仕事10選:研究員や漫画家、経営者の道も!

ADHDに関して少し説明をふまえた上で紹介していくので、自分がもしやADHDではないかと思われている方などに向けた仕事を紹介します。

自分の持つこのような症状では、できる仕事がかなり限られているのではないかと思われがちですが、症状と向き合いながら続けられる仕事はあります。

意外と思われる方も多いと思いますが、実は研究員や経営者で誰もが知っているような有名人にも同じ症状があったりするのです。

まずは症状の説明から見ていきましょう。

ADHDとは

ADHDとは俗に発達障害などと言われています。

仕事に集中できない、うまくコミュニケーションが取れない、など大人の50人に1人はいる可能性のある障害症状です。

飽きやすい、集中できない、うまくコミュニケーションが取れない。などのADHDの方向けの職業紹介を早速初めていきます。

webデザイナー

ノルマはありますが、以下を踏まえれば職場のうまくコミュニケーションが取れない場合でも仕事ができるようになります。

・時間にとらわれることなく自分のペースで仕事を行えること。

・場所に関係なく仕事を行える環境委であれば自宅でも可能ということ。

こういった自分の希望する条件で職場を選ぶと良いでしょう。

漫画家

漫画家も締め切りというノルマはありますが、仕事場を自宅にすれば職場へ向かうこともありません。

アシスタントを雇わずとも背景医などを外注することもできるし、パソコンで作ることも可能な時代になってきたのでかなりコミュニケーションが苦手でも続けることが可能な職業です。

研究員

研究員の方にも沢山ADHDの方もいます。

トーマスエジソンもADHDだったという説もあるため自分の好きなことに没頭できる分野の研究なのであればずっと続けることができるでしょう

経営者

実は経営者でさえもADHDの方がいる場合があります。

スティーブ・ジョブスでさえもADHDやアスペルガーと判断されていたそうです。

好奇心や自分の得意分野で企業し成功すれば経営者として働いていけます。

また飽き性になりやすい方でも企画力や他方への意見を聞くという部分を持ち合わせれば可能な職業と言えます。

障害者手帳をもらい企業で働く

ADHDが深刻な場合障害者手帳を発行することができます。

障害者枠で企業に就職ができれば、周囲の協力を仰ぎながら働くことが可能です。

積極的にADHDの方や障害者の方を対象に雇用している企業もあります。

webで検索してみると良いかもしれません。

プログラマー

専門分野に特化していればプログラミングを仕事とすることも可能です。

集中力を必要とする職業ではありますがコミュニケーション能力が必要のない職業です。

料理人

料理も好きな分野で仕事をできる職業です。

また料亭や厨房で働く場合、接客をする必要がないためコミュニケーションで困ることは少ないでしょう。人と話をすることがない分、味への探求心は不可欠となりますが、その分やりがいのある職業と言えます。

建築家

資格を取るために勉強は必要となりますが、1級建築士となれば自分一人で仕事をすることができコミュニケーションが必要なく仕事ができます。

クライアントとも直接会わずメールでのやり取りやスカイプなどで連絡にすれば最低限のコミュニケーションで働くことが可能です。

ライター

webのライターであれば完全に自分のペースで仕事をすることができます。

ノルマもなく集中力が切れても1日の空いた時間にすることが出来るので誰でもすることのできる職業です。

家で仕事もでき人と話すこともありません。

ゲームプログラマー

ゲームなどであれば好きな分野の方が多いでしょう。

好きな分野であり、自分の趣味を仕事にできるということなら、他の分野では挫折してしまうことがあっても、一つの作品を作り上げるまで粘り強く続けられるでしょう。

最後に

以上、職場の環境により周りの手助けを必要とする場合もありますが、自分の得意分野を生かして働いて行くことや、周囲への理解をしてもらうことをしていけば、自分の負担が少ない状態で働くこともできるでしょう。

あまり無理をしすぎる必要はありませんが、ここに限らずできない職業はありませんので挑戦して行く意思が必要です。

Tags

ライター