38歳の転職を成功させる方法まとめ:キャリアを生かして即戦力になろう

転職を考える人の理由はそれぞれで、その理由によって、転職先に求める条件も変わってきます。転職をするからには心機一転、頑張ろう!という気持ちになるものです。

仕事が合わず転職、キャリアアップを目指して転職、等の理由があるでしょう。年齢が若ければ、求人数も多く、転職を成功させる確率もグッと高まります。

では、38歳の転職活動をの成功率は高いのでしょうか。

38歳という年齢はちょうど働き盛りで、社内では中堅もしくは、上司と呼ばれる立ち位置です。38歳で転職を考えた時には若干高齢に位置付けられ、場合によっては転職が上手くいかない時もあるでしょう。

この38歳という年齢にポイントを当てて、転職を成功させる方法を紹介します。

38歳でなぜ、転職を考えるのか!?

入社して数年で転職、というのはよく考えられる一方、なぜ38歳という年齢で転職を考えるのでしょうか。

この年齢まで職を転々としている人は別として、38歳まで勤続したのにも関わらず転職を考える、という目線で話します。

38歳という年齢で転職を考えるとしたら、なかなか出世できないため、他社で出世を目指す、今までのキャリアを活かして独立する、やりたいことが他に見つかった、待遇面のアップが目的、等の理由が挙げられるでしょう。

38歳という年齢は転職を考える年齢としては高齢に位置付けられ、転職のラストチャンスとも言える年齢なので、少しでも転職の成功率を上げたい、という思いが強い人が多いのではないでしょうか。

38歳の転職理由別、転職を成功させる方法とは!?

転職の理由によって転職成功の秘訣は変わるため、転職理由別に転職成功の秘訣を紹介します。

「なかなか出世ができず、他社で出世を目指す」という理由の転職成功の秘訣は!?

38歳といえばキャリアも十分で、社内では上司と呼ばれても良い年齢です。

企業によっては、才能があってもその才能が埋もれているという現実もあります。そんな時、今までのキャリアを他社でぶつけて、出世してやる!という野望を持って転職を決意する人もいるでしょう。

キャリアを武器に転職する人は、履歴書や面接時に、自分のアピールポイントや転職の理由、転職後のプラン等を明確に記載する、又は、しっかりと伝えることが重要です。

雇う企業からしても、38歳という年齢で求めている人材は即戦力です。今までのキャリアを活かすことで、転職先に充分貢献ができる、社員を引っ張るリーダーシップが自分にはある、ということをしっかりとアピールし、認めてもらいましょう。

しかし、アピールするからといって、大口を叩いたり、力量以上のことを話すと大変なことになります。採用後、思っていたより使えない、ということになれば、出世街道はそこで止まってしまいます。

自分の良さ、転職先への貢献度を、しっかりとアピールすることが、転職成功の秘訣となります。

「今までのキャリアを活かして独立する」という理由の転職成功の秘訣は?

少し転職とは意味合いが異なりますが、38歳という年齢で独立を目指す人も多数います。

注意しておかなければいけないことは、独立するということは、今まで会社が行っていた事務作業を自分で行わなければならないということです。

保険関係や、税金関係、雇用契約を結んだりと、今まで他の社員んがやっていた業務を、全て自分でやらなければなりません。

膨大な知識を得ることが、独立を考える人の転職成功の秘訣と言えます。

「やりたいことが見つかった」という理由の転職成功の秘訣は?

30代は学生時代にやりたかった仕事に就きたい、違う分野の仕事がしたい、という理由で転職を考える人も多い世代です。夢を追いかけた転職をする際に視野に入れておくことは、給与面が今よりも下がる可能性が高くなる点です。

もちろん給与が高くなる場合もありますが、今までの積み上げたキャリアは活かせず、別ジャンルに転職するということは、新たな仕事を1から始めるということになります。

別ジャンルに飛び込む際は、給与面が下がっても後悔しない覚悟で臨む必要があります。

「待遇面のアップが目的」という理由の転職成功の秘訣は?

38歳という年齢は、既婚者、子どもがいる、マイホームのローンもある、「今の給与では生活が苦しい」世代でもあります。なので待遇面のアップを目的として転職を考えるという人も多いです。

昇給や待遇が転職目的の人が頭に入れておいた方が良いことは、転職先への条件として、諦められる条件を明確化することです。

給与面だけに注目し、求人誌を見ていると、現在の職場よりも給与が良い企業は実際に存在するはずです。しかし、給与以外の条件設定を高くし過ぎると、転職先は見つけにくくなります。

これだけの待遇であれば、残業は仕方がない、これだけの待遇であれば、夜勤は仕方ないといった、妥協も時には必要となります。

自分だけではなく、家族とも相談し、転職先への条件の中で、諦められる条件を明確化することで、転職成功に繋げましょう。

まとめ

38歳は、若干高齢という位置付けです。

転職を成功させるためには自分の転職理由を明確化し、転職先へのアピールをしっかり行う、妥協する所は妥協する、知識を蓄えることが大切です。

転職活動のラストチャンスだと思って、しっかりと準備を行うことが成功の鍵となります。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る