48歳の転職を成功させる方法まとめ:条件を明確化することがカギ

人生にはいくつもの分岐点があり、その分岐点とは人それぞれです。代表的な人生の分岐点に、「転職」が挙げられます。

仕事が辛い・やりたいことが他にある・スキルをもっと向上させたい、など転職の理由は様々です。しかし、「転職」といっても、転職を成功させる人もいれば、失敗する人もいます。

年齢が若ければ転職先も多く、高齢であればある程、転職先も少なくなってきます。

では、ピンポイントで、48歳という年齢での転職は可能なのでしょうか?

48歳といえば、仕事も板につき、上司や重役を任されている年齢です。しかし、48歳での転職となれば高齢に値します。

48歳でも諦めない!転職を成功させる方法を紹介します。

転職を成功させる人と、失敗する人の違い!?

48歳の転職を成功させる方法の前に、年齢に関係なく、転職を成功させる秘訣を紹介します。

退職する前から、就職活動を始める

退職前からの就職活動は、保険の制度が大きく関係してきます。大体が「退職するんだ!どうせなら失業保険もしっかり貰おう」と考えるはずです。

この考えは決して間違いではありません。

しかし、今の制度は「自己の都合での退職」の場合、3ヶ月間、失業保険が貰えない制度になっているのです。なので、転職までの期間に、収入がゼロになる期間が出てきます。

会社勤めの間は、社会保険などの保険に加入していますが、退職し、無職の間は国民保険に加入しなければなりません。保険手続きの手間を考えると、転職を失敗したときのリスクが高まります。

現在の仕事に勤めながらも、上手く有給などを利用して、他社の見学や、面接などを行い、退職と共に再就職というスムーズな流れが理想です。

転職する理由が明確

転職理由はとても大切なことですが、転職の理由は人それぞれです。

例えば、残業が多い・給与が低い、という理由で転職したにも関わらず、転職先でも残業があったり、実際は給料に変化がないとなると、転職は失敗となります。

転職を成功させる為には自分の中で、転職をする理由を明確化することが大切です。

譲れない条件と、「これは諦められる!」という条件を明確化する

転職先を探す際に、ハローワークに通ったり、求人誌を利用することがほとんどですが、100%自分が求める条件というのは、なかなか見つからないものです。

100%を求めて転職先を探していると、最悪、転職先が何年も見つからない、という状況が続き、結果何だかんだで選んだ企業に就職してしまい、「思っていた転職と違う!」ということになりかねません。

転職において重要なのは、絶対に譲りたくない条件と、諦められる条件を明確化することです。

自分の転職の条件の中で、最悪諦めても大丈夫という条件を明確化することで、転職先選びの幅も広がり、転職成功に繋がるでしょう。

48歳で転職を成功させるには!?

上記で紹介したことは、年齢に関係なく転職を成功させる秘訣です。

では、48歳という高年齢での転職を成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、高年齢での転職でネックになるのは、求人の年齢が自分の年齢に適さない・希望の職種が見つからない、等が挙げられます。

48歳にもなると、人生経験も豊富なので、以外と転職できるならばどこでも良い、という考えが難しいのです。

今までのキャリアにこだわらない

人生経験が豊富だからこそ、今までのやり方にこだわりを持つ、これはとても大切なことです。しかし、転職となれば話は別です。

企業は基本、フレッシュな新人や、経験豊富な20代後半、30代前半の人を積極的に採用します。知識もありながら、会社の経営理論には逆らわず働く、企業にとって好都合な人材となるためです。

しかし48歳ともなれば、同じ経験豊富な人材だとしても、会社に対して、意見を言ってくるのでは?という不安感が出てきます。

なので、今までのキャリアにこだわりすぎず、「諦められる条件」を多めに設定しておくことが大切です。

転職活動の長期化も覚悟する

年齢が高くなるほど、もちろん求人の数も減ってきます。

先を急いで適当に転職先を選んでしまうと、転職先に求める条件とは異なることが多くなる可能性も高くなるので、じっくりと転職活動を行うことも大切です。

様々な雇用形態を視野に入れる

もちろん転職先でも、正社員というのは理想です。しかし、ただでさえ高齢の求人数が少ない中、正社員採用は狭き門となります。

アルバイトやパート、契約社員からのスタートで、キャリアを積んで、正社員になる!という考えも視野に入れておくと、転職成功に繋がる可能性が高まるのです。

まとめ

転職をするなら、自分に合った転職先を見つけて働くことが理想です。高齢だから転職できない、と諦める必要はありません。

若い世代よりは妥協する点も多くはなりますが、転職を成功させることは十分可能なので、夢を持って頑張ってください。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る