女医が結婚できない11の理由:婚活する際選ぶべき男性の特徴

女医は一般女性よりも結婚率が低い傾向にあります。たしかに、経済力があり頭もいい女医は、男性からすればアプローチの難しい存在です。

男性はプライドが高い生き物なので、素敵に見える女性であっても、ステータスが高過ぎると一歩引いてしまいます。女医は、女性からすれば素敵ですが、男性からすると高嶺の花すぎるのです。

今回は、女医さんたちが結婚できない11つの理由を紹介します。また、結婚するために何をすべきか、どんな男性との結婚が望ましいのかも徹底分析します。

またどうしても出会いがなくて困っている方には楽天グループの結婚相談所であるオーネットがおすすめ。

専任のアドバイザーによるサポートのもと、あなた専用の婚活プランを作ってくれます。ホームページから無料で結婚力診断をすることができるのでぜひチェックしてみてください。

楽天オーネットで理想の相手と出会う

女医が結婚できない理由

女医が結婚できない理由には何があるのでしょうか。11個紹介します。

1.男性より高学歴高収入

当然ながら女医は高学歴高収入。サラリーマンや公務員などの、多くの一般の職業の方より高収入となります。男性というものがいかにプライドやメンツを気にする生き物なのかを再確認しておきましょう。

また、「医者なんて高嶺の花、自分なんて相手にされない」とそもそもアプローチすらかけずに通り過ぎてしまうこともあります。

2.出会うタイミングがない

忙しい医師にとって、婚活の時間は限られています。しかも、結婚適齢期の20代後半は研修などでとても忙しく、プライベートを楽しむことも難しいです。

出会いの場を広げる時間もなく、男性がいる場所となると職場くらい。極端に出会いが少ないため、結婚にも結びつきません。

3.とにかく忙しい

医療現場は、とにかく毎日四六時中忙しく、特に若い頃はプライベートな時間なんてものはほとんどありません。恋する暇もないほど仕事の対応に追われています。

当直の義務があったり、急に呼び出されたりするのが医師というものです。恋愛すらきままにできない状態なので、結婚となるとなおさらハードルは高くなります。

ようやく落ち着いた頃には適齢期をとうに過ぎていた…なんてことも。

4.仕事命

相当な努力を重ねてつかんだ仕事に対して、誇りと責任感を持って取り組んでいるのは言うまでもありません。また、医者という職業は患者に対する大きな責任があります。

仕事に一生懸命であればあるほど、そんな優秀な女医であればあるほど、恋愛を敬遠してしまい、理想の男性に出会っても結婚に至るのは難しいようです。

5.プライドが強く甘えられない

頭がよく、経済力もあるため自立心が強くなり、そもそも結婚の必要性を感じない女性もいるようです。

プライドの高く自立していることから、甘えることが苦手な人が多いと言えます。男性も自分が必要とされている感じがなく、アンバランスが生じてしまい、結果的にうまくいかないことが多いです。

6.サラリーマンや公務員と時間が合わない

医者は急患や夜勤など、労働時間が不規則です。スケジュールが不規則なため、一般のサラリーマンや公務員とは出会うことが難しくなります。

付き合っているときに、こうした医者ならではのことに振り回されると、結婚しても振り回されるのか…と男性はネガティブなイメージを持ちがちになってしまいます。

二人で過ごす時間が限られるのは、ネックでしょう。

7.しっかりしすぎている

しっかりしていないとやっていけない職業の一つです。ですが、彼女たちの強さが男性から見て「可愛げのない女」と映ってしまうんです。

女医だって普通の女子、わがままを言ったり、ただ甘えさせて欲しかったりするのは当たり前なんですけどね。

8.職場には看護師がいる

女医にとって、職場は少ない出会いの場の1つです。男性医師に食事に誘われることも珍しくありません。しかし、職場には看護師も多くいることがネックになります。

男性医師は、看護師に大人気です。食事に行くことはおろか、ましてや付き合うことになろうものなら、看護師からの嫉妬が恐ろしいことになるでしょう。

9.男性医師を見る目が厳しい

男性医師は女医と同じことをしているのに、医師であるというだけで女性にモテることが多いです。

女医は、同じ医者という立場から男性医師を見ることができるので、ステータスに惑わされることがありません。そのため、有頂天になっている男性医師や、医師免許を持っているというだけ男性を見ると冷めてしまうのです。

10.職業に十分なやりがいを感じている

医者という職業は大きな責任を伴うため、その分やりがいも大きいです。それゆえに、医者として仕事をする日々のなかで、十分に満足感を得ている場合もあります。

仕事一筋が続けば良いのですが、恋愛がしたくなった時に手遅れなんてことも…。

11.1人でも生きていける安心感がある

医者は収入も高く、活躍できる地域の幅も広い職業なので、結婚しなくても1人で生きていける安心感が生じてしまいます。

必死になれとは言いませんが、安心感から積極性に欠けるためにチャンスを逃しているということもあるのかもしれません

女医が結婚するためには

結婚したくても、結婚相手と出会えていないと感じている人が多いでしょう。では、どのようにして新しい出会いを見つければ良いのでしょうか。

自分の行動を見直す

医者の仕事は忙しいため、職場以外で出会うことは難しいと言えます。ただ、職場で出会うことも困難。

少しでも休憩時間をとれたら、散歩をして外のカフェに行くなど、積極的に外部との関わりを持つようにしましょう。

休みの日くらいは家でゆっくりしたいと思うかもしれませんが、いつもそれでは新しく出会える可能性は低いです。

普段とは違う行動をとってみると、予想もしなかったところで新しい出会いがあるかもしれません。

結婚相談所を利用する

新しい出会いがどこにも見込めない場合は結婚相談所を利用することがおすすめ。

結婚相談所には本当に結婚したいと思っている人しか登録しないので、普通に出会うよりも結婚できる可能性は高くなるでしょう。

楽天グループの結婚相談所であるオーネットは、専任のアドバイザーによるサポートのもと、あなた専用の婚活プランを組んでくれます。

ホームページから無料結婚力診断をすることができるので、ぜひチェックしてみてください。

楽天オーネットで無料結婚力診断

婚活する際、女医が選ぶべき男性は?

学歴や地位が上回らない人

旦那の方が学歴や地位が下なことに引っかかる人は多いようです。また、本人は気にしていなくても周囲の人や親に「もったいない」や「もっといい人がいたのではないか」という心無いことを言われ、傷つくこともあるかもしれません。

そうならないためには、やはり学歴や地位が自分と同等、もしくはそれ以上の人を選んだ方が良さそうです。

やはり一番王道なのは同じ職業の医師でしょう。それ以外では、弁護士、政治家、商社マンなど。知り合いにいない場合は学生時代の友人に紹介してもらうのがおすすめです。

逆に全く違う職業の人と結婚するのも手かもしれません。音楽家やデザイナーなど芸術界の人やスポーツ選手などです。そうすれば能力で比べられることもなくなります。

それらの職業の人が周囲にいない場合はマッチングアプリを使うと便利です。日本最大手の「ペアーズ」は職業以外にも年齢や趣味など様々な条件で検索でき便利です。理想の相手を探してみましょう。

ペアーズに無料で登録する

こだわりの多くない人

忙しい女医でも結婚したら家事をしなければいけなくなります。その際に家事が粗いことで、文句を言われると喧嘩の原因になります。

また、食事の味付けなどに口出しをしてくるようなこだわりの強い人は避けましょう。出したものを何でも美味しいと食べてくれるよう人と結婚できれば家事も苦ではなくなるはずです。

忙しさで家事が少々雑になっても許してくれるような包容力のある温厚な人が良いでしょう。

医師への理解がある人

結婚後の仕事への考え方の一致は非常に大切です。まずは結婚前に結婚したら仕事を辞めるべきか否か相手と話し合う必要があります。

相手が仕事を辞めて欲しいという意見の中、あなたが仕事を続けた場合、夫の理解が得られず、家事なども積極的には手伝ってくれないことが多いため、大きな負担となります。

医師という職業に理解を示し、あなたが医師として活躍することを望んでくれる男性を選びましょう。

感謝を伝えてくれる人

女医にとって家庭は職場での緊張を癒してくれる場所でなければなりません。

そのため、ちょっとしたことでも感謝を伝えてくれるような温厚な人が望ましいです。家事と仕事の両立は大変なため、感謝の気持ちが見られないと精神的にも疲れてしまいます。

理想の相手と出会うためには

いかがでしたでしょうか。女医が結婚できない理由は色々ありますが、忙しいというのが一番の理由のようです。

ただし、女医が結婚できないのは考え方が原因となっている場合も多いです。アプローチが少ないなら、自分からすればいいだけのこと。心構えを変えれば何とかなる問題だったりします。

しかし、何と言っても出会いがなければ結婚することはできません。出会いがなくてどうしようもなく困っている方は結婚相談所の楽天オーネットがおすすめ。

業界最大級の登録者数を誇る楽天オーネットではきっと理想の相手と出会えるでしょう。

ホームページから無料の結婚力診断をすることができます。楽天オーネットで理想の相手と出会ってみませんか。

楽天オーネットで無料の結婚力診断をする

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る