年収700万円の人のライフスタイルまとめ:収入を増やすには資格をとろう

年収700万円の人は勝ち組と言われていますがどのような生活を送っているのでしょうか?年収700万を目指すための方法も合わせて紹介します。

700万円の人はどんな生活?

年収700万円を得ている人は優雅な生活をしているというイメージがありますが、実際はどのような生活なのでしょうか。

年収が700万円の月給は約43万円となります。その43万円から家賃や食費を捻出することとなります。独身であれば、余裕のある暮らしができます。

年収700万円の人の多くは17万円前後の家賃に住んでいますので、残りのお金を趣味や高級レストランに使うことは可能です。

ただ、子供がいる場合や車のローンを抱えている場合などは、手元に残るお金は15万円ほどになりますので、毎週高級レストランに行ったり毎月海外旅行に行くと言った贅沢三昧な暮らしを送ることは厳しいでしょう。

700万円の収入の仕事は?

年収700万円の人はIT関係、金融、総合商社、広告、建築などに多く、一般的に派手な生活をしているイメージがある業界です。

特に金融業界の人は朝早く仕事をしている人が多くいため、退社時間が一般企業より早いことがあります。会社を早く出るため、仕事帰りに飲みに行ったり高級レストランに行き、アフターファイブを楽しむ人もいます。

広告業界も派手な生活を送っている人も多く、高級車を乗り回して趣味を謳歌している人もいます。しかし、子供がいる場合は、趣味より学費を優先させなければならないため、自分の趣味を我慢しなければならず優雅な暮らしができない人もいます。

また、都内の一等地に家を構えている人は家賃も高いため、車を我慢する人もいるのです。

年収700万円の収入の人が収入を増やすための方法

上記の通り、家族構成や住む場所によっては必ずしも贅沢な生活ができるわけではないようです。

それでは年収700万円のひとはどのようにしたら収入を増やせるのでしょうか?業種にもよりますが、英語の勉強をすることです。

公用語を英語にする企業も出てくるほど、英語を使うことがマストになりつつあります。TOEICの点数が昇進の条件になっている企業もあり、英語ができないと出世ができず、年収もあがらないのです。

英語は独学でもできますので、時間を見つけて勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

年収700万円を3割増やす方法

英語を話せると年収が上がることはありますが、3割増やすことは難しいかもしれません。3割増やすには英語スキルを身に付ける以外にも考えなければいけません。

例えば、資格を取得することです。資格といっても弁護士や医者といった最難関の資格である必要はありません。

経理関係の仕事をしている人であれば簿記検定、知的財産部に所属している人であれば知的財産検定といった、仕事の片手間に勉強ができる資格を取得してみましょう。会社からの評価だけでなく、資格手当が出たり、昇進する場合があり、年収3割アップも可能です。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る