50代無職の正社員就職を成功させる方法まとめ

50代で無職状態である(空白期間が長い)人は増加傾向にあります。

そうなった理由は様々でしょう。親の給料~年金を頼りにしたまま現在に至る場合もあれば、体調面、介護問題などで退職を余儀なくされたまま、現在も就職がままならないケースも存在します。

実際、50代で無職状態ですと、採用する側の風当たりは非常に強いと言わざるをえません。

しかし、勇気を持ちましょう。今は就職に関する社会環境も年々変わりつつあります。

50代無職の人が正社員就職を成功させるための分析情報と方法を紹介します。

50代無職の生活の実態

50代無職にもタイプが分かれます。大きく分けて、2つのタイプがあります。

1.20代からさかのぼっても、あまりまともな社会経験はない
2.過去にそれなりのポジションで仕事をしていたが、なにかのきっかけで職歴が空白になった

1の過ごし方をされてきた人は、これまで社会人になる意欲は弱く、協調性に自信がないため、どうしても決まった行動(ルーティーン)しかできない生活になってしまいがちです。

ですので、経験の幅を広げることができず、就職への自信は年を追うごとに低下してしまう傾向にあります。

2の経歴を持つ方は、生活そのものは大きく乱れてはいない人が多いですが、当時やってきた自信や当時の条件が、再就職にあたってのネックになってしまっているケースが多いです。

現在の50代無職の就職事情

やはり日本全体の考え方として、正社員としての社会経験がない、あるいは途切れた人にはシビアであると言わざるを得ません。

また、業界によっては過度なコスト削減競争が起こり、コストの大きな部分である人件費を削るため、正社員を極限まで減らし、少ないコストで労力を得る雇用契約をしようとする会社もまだまだ多いです。

しかし、ここ数年の風向きとして、業界によっては慢性的で深刻な労力不足に悩まされており、門戸が広くなってきていることも事実です。

そういう業界を中心に、全て正社員として採用することを宣言している組織も増えてきています。

50代無職の就職希望者がつまずく原因

もちろん、真剣に就職活動していても、なかなか就職までの道のりは険しいのが実情ですが、本人が関係する原因として以下の傾向があるそうです。

・社会的な風当たりが強いので、失敗を恐れてしまう
・年下ばかりの職場で協調性に難が出てしまう
・希望する会社が社員に求めるもの(ニーズ)への共感が低く、自分の要求ばかりになってしまっている

50代無職の就職を成功させるために必要なこと

上記のことから、大事な必要事項を列挙すると、以下のようなことが言えます。

・失敗しても、それは大きなリスクではないと開き直る
・真っ白で素直な気持ちを心がけ、過度なプライドは持たない
・対象の会社(ひいては社会)に対して自分がどう働けば、貢献につながるのかを想像する

50代無職の人にオススメする仕事

一番に考えられるのは、夜間の仕事です。

夜間の仕事は大変な人手不足の状態ですので、門戸が最も広いと言えます。

コンビニなどの店舗で働くことも考えられなくはないのですが、若い人と変わらないレベルに働くには大変な仕事ではあります。

オススメするのは、警備員などのそこに人が居ることが重要である仕事です。

50代無職の人にオススメする就職サービス

残念ながら、50歳以上の人に対して正式に就職をサポートするエージェントはありません。

基本的にはハローワークへの相談がメインになってきます。

もちろん、対応する職員によっては親身に考えてくれる場合もそうでない場合もありますので、複数回通って、親身になってくれる人を見つけるという地道さも重要になってきます。

また、いきなり正社員という条件にこだわりすぎず、中高年トライアル雇用という制度を使って、採用する側もされる側も、お試し感覚で雇用契約を結ぶという選択肢のような柔軟な考え方を持っておくことが、成功率を高めるコツになってきます。

自分がしたい仕事であれば、場合によってはアルバイトからスタートして正社員を目指す方法も頭の片隅に置いてもいいかもしれません。

このあたりも、ハローワークのいい担当に当たれば、幅広く考えてサポートしてくれます。

ハローワークインターネットサービス

記事の著者

就職の悩みをもっと見る