彼氏が薬物中毒のときどうしたらいい?もう薬物に手を出させない方法

薬物の使用は法律で禁止されており、絶対にしてはいけないことです。薬物を使用してはいけないということは子供でも知っています。

しかしなんらかのきっかけで、あなたの彼氏が薬物中毒になってしまったということがあるかもしれません。

もしあなたの彼氏が薬物中毒になってしまった場合、あなたはどのように対処したらいいのでしょうか?薬物の使用を見つけたらすぐに通報する必要があるのでしょうか?

今回は彼氏が薬物を使用した場合、あなたがすべきことについて見ていきます。

薬物について知る

彼氏が薬物依存症になってしまった場合、あなたがまずすることは薬物について知ることです。

彼氏が薬物を使用していることを知ってしまった彼女は「通報しなくてもいいのだろうか…」と不安になることでしょう。しかし法律上、薬物を使用していることを知って通報しなくても罪に問われることはありません。

薬物についてのことは、知らないという方の方が多いでしょう。そのため薬物を使用していることでどのような罪になるのか、薬物依存症とはどういった症状のことをいうのかをまず調べるようにして下さい。

薬物について知ることでいかに薬物が危険なものであるのかということが分かることでしょう。今はインターネットで何でも調べることができるので、彼氏に教えてみるといいでしょう。

精神保健福祉センターに相談する

彼氏が薬物中毒であるということを知ってしまった場合、絶対に一人で抱え込まないようにして下さい。

各都道府県には、精神保健福祉センターという施設があります。精神保健福祉センターには保健師や心理士といった専門の方たちが居り、薬物中毒になってしまった家族、友達、彼氏についての相談をすることができます。

精神保健福祉センターでは薬物中毒になってしまった人への医療機関の紹介、また薬物依存症の方たちの集まりを紹介してくれるため、相談しこれからどうしていけばいいのかアドバイスをもらうようにしましょう。

利用する前には必ず電話をして予約をきちんと取ってから行くようにして下さい。

薬物依存症を専門にした病院へ連れて行く

彼氏が薬物依存症の場合、彼氏を薬物依存症の専門外来がある病院へ連れて行きましょう。

薬物依存症の治療と聞くと長期で入院して治療していくというイメージがありますが、薬物中毒の度合いによっては入院せず通院だけで済む場合もあります。仕事をしながら通院しているという人も少なくないようです。

こうした薬物依存症専門外来では患者のプライベートは守られています。そのため会社にバレる心配はありませんし、通報され逮捕されるといったこともありません。

しかし彼氏を専門外来に連れて行く前に、彼氏にこのまま薬物中毒のままでいいのかどうかという彼氏の意思を聞くようにして下さい。

病院に連れて行くのは早ければ早いほど良いとされています。しかし無理やり連れて行っても薬物依存症はよくなりません。彼氏がやめたい、このままではよくないと思わなければ意味がないのです。

誘われたら絶対に断る

彼氏が薬物中毒になってしまい、あなたに彼氏が薬物を勧めるということもあるかもしれません。

もし彼氏が薬物を勧めてきた場合、絶対に断るようにして下さい。むりやり使用させられそうになった場合は逃げる、身の危険を感じたら通報という手もあります。

薬物中毒を通報しなくても罪には問われませんが、身の危険を感じた時は通報しましょう。

大好きな彼氏であれば通報したくないと思う人が多いと思います。しかし彼氏のことを考えているのであれば、通報した方が良いといえるでしょう。

記事の著者

彼氏・元カレの悩みをもっと見る