35歳無職の正社員就職を成功させる方法まとめ

30代半ばで正社員経験がない(もしくはしばらくない)人は日本国内で増加しており、決して珍しい存在ではなくなりました。

しかし現実として、30代でも35歳を超えて職歴が空白な人にとっての正社員就職は、登頂困難な断崖絶壁のように感じられるかもしれません。

しかし、勇気を持ちましょう。今は就職に関する風向きも社会環境も年々変わりつつあります。

35歳無職を例にして、正社員就職を成功させるための分析情報と方法論をお話いたします。

35歳ニート・フリーター・無職などの生活の実態

35歳で正社員でない理由は様々ではありますが、社会への適応という側面でなんらかの挫折感もしくは拒否感を経験しているはずです。

ですので、縛りの少ない生活を求める結果、現在の生活になっていると言え、生活リズムが夜型もしくは不規則になっている人が非常に多いそうです。

食生活も不健康になってしまっている人の割合が多く、食事だけでなく、酒やタバコがやめられないという方も少なくありません。

ただそれは甘えてきたからと言えるものでもなく、危機感を持ちつつも、なかなか行動に移せないでいるという人も多く存在します。

行動できなかったことは社会への適応に対しての自信がない心理の裏返しでもあります。

現在の35歳無職の就職事情

やはり日本全体の考え方として、正社員としての社会経験がない、あるいは途切れた人にはシビアであると言わざるを得ません。

また、業界によっては過度なコスト削減競争が起こり、コストの大きな部分である人件費を削るため、正職員を極限まで減らし、少ないコストで労力を得る雇用契約をしようとする会社もまだまだ多いです。

しかし、ここ数年の傾向として、業界によっては慢性的で深刻な労力不足に悩まされており、業界によっては門戸が広くなってきていることも事実です。

そういう業界を中心に、全て正社員として採用することを宣言している組織も増えてきています。

35歳無職の就職希望者がつまずく原因

就職までの道のりでつまずく原因としてはいくつか考えられますが、以下の傾向が多いそうです。

・社会的な風当たりが強いので、失敗を恐れてしまう
・労働として楽な仕事でかつ条件のいい仕事を求めすぎている
・希望する会社が社員に求めるもの(ニーズ)への共感が低く、自分の要求ばかりになってしまっている

35歳無職の就職を成功させるために必要なこと

上記のことから、大事な必要事項は以下のようなことが挙げられます。

・失敗しても、それは大きなリスクではないと開き直る
・仕事をより好みしすぎない。どんな仕事も大変な部分があるだろうことを理解する。
・対象の会社(ひいては社会)に対して自分がどう働けば、貢献につながるのかを想像する

35歳無職の人にオススメする就職サービス

職歴がなく、自分に自信も持ちにくい人は、よほどのコネがない限りは一人で戦おうとするより、同様の事例にノウハウのある就職エージェントに相談する方がはるかに就職に近づきます。

就職エージェントに登録すると、プログラムをこなせば書類審査なしで面接を受けられるケースも。(職歴なしにとって、書類審査こそが最大の難関です)

そして、自己PRが苦手であっても、代わってエージェントが企業に対してあなたをPRしてくれる存在になります。

また、ひとりじゃないという感覚を持つことで、就活への自信につながっていくでしょう。オススメするサービスを以下紹介します。

就活エクスプレス

東京都が行っている、30歳以上の正社員就職を専門としたサービスです。

東京への就職限定にはなりますが、今回テーマにしたような30代職歴なしの人を対象としていますので、ピッタリです。

実際に使った人からも、非常に満足度が高いと評判です。

就活エクスプレス

DUDA

こちらは民間になりますが、やはり30代以上の就職や転職を得意としています。全国を対象として、幅広い職種から紹介してくれます。

転職サイトDUDA

マイナビ転職

転職という言葉に少し尻込みしそうですが、職歴がなくとも大丈夫です。マイナビは最近30代で職歴がない人を斡旋するための機能に力を入れてきています。

マイナビ転職

記事の著者

就職の悩みをもっと見る