手取り16万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

手取りの意味

まず、確認しておきたいのは手取り額の意味です。

手取り額というのは、会社から支払われる給与から、所得税や住民税などの税金と健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料・雇用保険料といった社会保険料を差し引いて、本人に渡される(ほとんどは口座振り込みですが)額のことです。

組合のある会社では、組合費も差し引かれます。

差し引かれる額は給与額によって変わりますが、手取り16万円といえば、差し引かれるのは4~5万円といったところでしょう。したがって、給与総額はだいたい20万円から21万円といったところになります。

手取り16万円の収入はどのくらいの評価か

手取り16万円と聞くと、ちょうど新卒で勤めて最初のお給料でもらえる額くらいになっており、年間の手取りで約192万円程になります。

社会保険やボーナスなどを含めると、総支給額で年収240万円~280万円くらいでしょう。

全ての会社員の平均年収が440万円になるので、年齢にもよりますが月収手取り16万円は相場で見ても低めとなっています。

年齢によっても評価は変わってきますが、家庭を持つには心もとない収入でしょう。

都心部ではなく、住む場所を選べば無理なく暮らせるかもしれません。

手取り16万円の収入の人が多い職種

手取り16万円の人が多い職種や業界は、どんなものがあるのでしょうか。

勤めている勤務地でも月収は大きく変わってきますが、職種で言うと事務職や工場、歯科助手、地方の販売職などがあります。

比較的残業が少なくかつ体力的にも精神的にも負担が軽いものが多いようです。

もちろんノルマもついて精神的にも体力的にも負担が多いという場合もあります。

手取り16万円の収入のライフスタイル

世間一般では一人暮らしをするにおいて手取り収入の1/3ほどの家賃が妥当といわれています。

16万円の1/3ですから、約53,000円程の家賃になります。

東京都でも都心部駅チカなどでなければ、53,000円で一人暮らしの物件を探すことは可能でしょう。

主な一ヶ月の支出

他の必要な費用も含めて一ヶ月の支出を見てみると、以下の通りになります。

・家賃 53,000円

・食費 20,000円

・通信費 8,000円

・水道光熱費 12,000円

・医療費 3,000円

・日用品、雑費 20,000円

・交際費 20,000円

・貯金 20,000円

合計で156,000円

手元に残るのは約4000円です。

交際費や医療費などは、特に前触れも無くいきなり多く必要になることもあるため、もう少し余裕がほしいところです。

手取り16万円2収入の人が給料を3割アップさせるための戦略

手取り16万円の収入を3割アップさせると、手取り約21万円を目指すことになります。

手取り21万円にするには、額面で約25万円になります。

未経験OKや学歴不問で探した場合、25万円最初からもらえるとなると営業職が多いです。

営業職は頑張り次第でお給料もどんどん増えるので、チャレンジしたい人にはおすすめですが、そうでなければ新しい資格を取ってスキルアップを目指すのもいいかもしれません。

手取り16万円の収入の人が2料をアップさせるための転職活動ですべきこと

まず、ご自分の収入が仕事内容に見合っているのか良く考えてみてください。

客観的に見て、あまりにも残業が多かったり精神的な負担が大きい場合や、その収入が見合ってないと感じたときは躊躇無く転職を決意してください。

転職活動は在職中にこなすことが難しければ一度退職してみてもいいかもしれません。収入を重視するか、プライベートを重視するかで仕事の選び方も変わります。

自分の経歴の棚卸しと、やりたいことの再確認が失敗しない転職へとつながります。自分はどういう風になりたいのか、今一度考え直してみると良いでしょう。

Tags

ライター