生理中ヨガは休むべき?:生理中ヨガで気をつけるべきこと

生理の時にヨガをしてもいいのかどうか…ヨガ初心者はどうしたらいいのか困りますよね。

人によっては腹痛や腰痛などがひどく、体を動かすことが億劫になり、運動なんてとても出来ない、と感じる人も多いかもしれません。

また、経血の量が気になってヨガに集中なんてできない!と考える人もいるのでは?

今回は生理中のヨガは体によくないのか?ナプキンを選ぶコツや避けた方がいいことは?といった点にフォーカスして話していきます。

生理中ヨガは休むべき?

生理中にヨガを行うことは全く問題ありません。

むしろヨガを行うことで血行を良くしてくれるため、生理痛や生理中の不快感を改善する効果が期待出来ます。

生理痛の原因は色々ありますが、冷えとストレスが原因のひとつです。

体の冷えは血液の流れが悪くなり痛みや腰痛が出てしまいます。

ヨガは体を激しく動かすものではなく、筋肉をほぐし血液の巡りを良くするためのポーズをすることが多いです。

そのため、生理中に全身の血液の流れを促進することで、腰痛や頭痛、冷えといった不調を解消することが出来ます。

動くこと自体が辛い、という人は無理してヨガをする必要はありません。

ヨガを行うのは動けるようになってからにしましょう。

生理中ヨガのときナプキンどうしている?

生理中のヨガのレッスンにおすすめなのは、夜用で薄型で羽根つきのナプキンです。

レッスン中は血流が良くなり、経血がたくさん出る可能性があります。

ただしレッスン途中で、血液の量など心配なら無理せずスタジオから退出して休憩するようにしましょう。

生理痛が心配な人は、布ナプキンが生理痛を緩和させる効果があります。

ナプキンにも色々な種類があるので、どのナプキンが自分に合うのか色々試してみるのも一案です。

生理中ヨガで気をつけるべきこと

逆転系のポーズは生理中は避けたほうがいいです。これは経血が逆流してしまうからです。

生理中は経血を外に出しているため、体を逆にすることによって、その自然な流れを邪魔してしまいます。

また、逆転系のポーズは比較的体力をつかいます。生理に使われるエネルギーが消耗されてしまうと、生理がスムーズに終わらないことも…。

加えてねじりの強いポーズも、子宮に負担をかけてしまいます。いつもより浅めのねじりをするか、そのポーズはお休みした方がいいでしょう。

生理中ヨガのまとめ

無理をしなければ、生理中のヨガは不快な症状から開放してくれます。体調不良が心配な人は、強度の優しいレッスンを選ぶなど工夫をしましょう。

生理中の症状は個人差があるため、大切なことは自分がどう思うか、どのように感じるか、ということです。

生理中のヨガに対して、最終判断は自分自身です。

生理中ヨガでも、自分に合ったやり方を選んでみればきっと楽しめるでしょう。

記事の著者

運動・フィットネスの悩みをもっと見る