付き合って半年のカップルが意識すべきこと:同棲や結婚の可能性は?

付き合って半年にもなれば喧嘩も1度や2度は経験しているというカップルは多いのではないでしょうか。お互いが素で居られる関係が心地よく、お互いがなくてはならない存在になっているカップルが多いです。

そこで今回は付き合って半年目のカップルが意識すべきことを紹介していきます。今後も仲良く彼氏と付き合っていくことができるように、半年目でどのようなことを意識すべきなのか見ていきましょう。

付き合って半年の彼氏の気持ちって?

付き合って半年ともなると、付き合ったばかりのようなときめきは少なくなります。そうなると気になるのは今現在の彼氏の気持ちです。

付き合って半年になる彼氏の気持ちはというと、

・良くも悪くも緊張感がなくなった
・一緒に居ても安心する存在

と彼女のことを思っている方が多いようです。男性は女性にかっこいいところを見せようする方が多いですが、付き合いが長くなると慣れてきてだんだんと格好付かなくなります。

「最初はデートも張り切って提案してくれたのに」「最初は服装もおしゃれだったのに」と最初の頃と今の彼氏を比べてしまい、不満に思うことがあるかもしれません。

しかし、彼氏からするとそれは彼女を信頼しており、恰好付けなくても一緒に居れる存在であるという現れになります。悪い意味ではないことが多いため安心していいのではないでしょうか。

付き合って半年で連絡が減る理由は?

付き合い始めの頃は毎日のように連絡を取っていたというカップルも、付き合って半年になれば落ち着いてきます。

女性の中には彼氏からの連絡が少なくなり不安に思う方もいるかもしれません。しかし、連絡が多い=好きということではありません。

付き合って半年で連絡が減る理由として、

・頻繁に連絡を取り合わなくてもお互いの気持ちが通じ合っている

という理由があります。連絡の頻度が多いカップルよりも、お互いの時間を大切にし連絡の頻度が少ないカップルの方が長続きするというケースは多いです。

付き合って半年で同居するカップル

付き合って同棲するというカップルが同棲を始める期間として最も多いのが付き合って半年なのだそうです。

付き合って同棲する理由は、

・経済的な負担が軽くなるから
・結婚生活を見据えて

という理由があります。

一人暮らしは家賃や光熱費などがかるため経済的に大変です。しかし同棲すれば家賃や光熱費は2人で折半になるため経済的負担が軽くなります。

もちろん、ただ一緒に居たいからという理由で同棲をスタートさせるカップルもいます。付き合って半年という理由は、ある程度お互いのことを知ってからということでしょう。

付き合って半年でプロポーズさせる方法

最近ではスピード婚が増えており、付き合って半年で結婚するというカップルは少なくありません。女性は出産のことを考えできるだけ早く結婚したいと思う方が多いです。特に女性が30歳を超えている場合、彼氏に早くプロポーズして欲しいと思うものです。

しかし女性と男性の間では結婚に対する価値観は異なり、男性は付き合って半年の結婚はまだ早いと思っている方が多いようです。

特に最近では結婚に対して良いイメージが沸かないことから結婚に対して消極的な男性が多いです。

付き合って半年で彼氏からプロポーズされたいという場合は、

・料理や掃除などがしっかりできる家庭的な女性であることをアピールする
・お金をしっかり計画的に使える女性であることをアピールする

といった方法があります。しかし全ての男性がこの方法でプロポーズしてくれるとは限りません。

プロポーズは男性がするものという決まりはないため、結婚したいのであれば女性は自分からプロポーズしてみてもいいでしょう。

記事の著者

恋愛の悩みをもっと見る