付き合って2年のマンネリを解消:いつまでもラブラブでいるコツは?

付き合って2年目のカップルといえば、お互いのことをだいぶ知ってきてお互いに素を出すことができるようになっている時期です。2年目になると1年目では意識していなかったことが気になるようになります。

そこで今回は付き合って2年目で意識すべきことを紹介していきます。付き合って2年目ではどのようなことを意識したらいいのでしょうか。気になっている人はぜひチェックしてみてください。

付き合って2年エッチの頻度

付き合って2年目ともなれば落ち着いたお付き合いができるようになっているものです。1年目の時は「会う時にはかならずエッチしたい!」というカップルが多かったのではないでしょうか。

2年目でもラブラブで会うたびにエッチをするというカップルもいますが、多くて週に1度というカップルがほとんどです。会う回数とエッチの回数は比例するので、会う回数が多いカップルであればもっと回数は多いかもしれません。

付き合って2年目で週に2~3回会うというカップルであれば、エッチの頻度は週に1度くらいという人が多いです。中には月に1~2回という人もいるでしょう。

エッチの回数が減ったから好きじゃなくなった、ということは決してないため安心してください。エッチをしなくても愛情を感じることはできるはずです。

付き合って2年の記念日の過ごし方

1年目は付き合って初めて迎える記念日であるため、豪華なディナーを食べたり旅行に行ったりなど特別なお祝いをするカップルが多いです。

しかし2年目の記念日は付き合って2回目の記念日となるため、1回目の記念日と比べてお祝いの仕方が質素になってしまう傾向があります。

そうなってしまっても愛情が減ったということではなく、付き合いが落ち着いたということなので安心してください。

しかしいくら付き合いが落ち着いたからといっても、女心としては特別な過ごし方をしたいものです。

そのため、2年目の記念日でも豪華なディナーを食べたりホテルに泊まったり、1回目の記念日と同じまたはそれよりランクが落ちてもいいので、特別ななにかをして過ごすことをおすすめします。

付き合って2年でラブラブを維持するにはサプライズ

付き合いたてはラブラブで世界に2人しかいないのでは、というくらいだった2人も2年目となれば落ち着いてきます。

落ち着いた付き合いができてうれしい人もいれば、昔と変わらずラブラブで居たいという人もいるでしょう。付き合って2年でラブラブを維持するためには、

・サプライズを企画する
・付き合いたての写真をいつでも見えるところに置いておく

という方法をおすすめします。

サプライズを行うといつでも新鮮な気持ちで居ることができます。ドキドキ感を味わいたい方にこそサプライズはおすすめです。

付き合いたての写真を見るとその時の気持ちを思い出しませんか?スマホの待ち受けにしてもいいですし、部屋に飾ってもいいでしょう。

いつでも見る場所に写真を置いておくことで、いつでも昔の気持ちを取り戻すことができます。そうすることでいつまでもラブラブで仲良くやっていくことができるのです。

付き合って2年の倦怠期は、非日常デートで修復

いつまでもラブラブなカップルが居る一方、付き合って2年目で倦怠期を迎えているカップルもいます。実はこの倦怠感、付き合って2年がもっとも多いそうです。

倦怠期をラブラブな関係へと戻すためには、いつもと違うことをすることをおすすめします。一緒にスポーツをしてみたりこれまでしたことがなかったデートをしてみるといいかもしれません。新鮮なデートを楽しむことができれば、倦怠期を修復することができるでしょう。

記事の著者

恋愛の悩みをもっと見る