もみあげ脱毛で目指せ横顔美人!:おすすめサロンも紹介

アップヘアにしても、思ったように可愛い髪型にならない、という悩みを持つ女性も多くいるでしょう。

もしかしたら、それはもみあげが原因かもしれません。

もみあげ脱毛は、脱毛部位としてはあまり有名ではなく、もみあげを脱毛するくらいだったら、おでこやあごの方が気になるという方もいます。

しかし、もみあげ脱毛をするのは結構メリットが多く、もみあげ脱毛をすることで横顔美人にもなれるのです。

今回は、もみあげ脱毛について詳しく紹介します。

もみあげ脱毛とは?もみあげ脱毛のメリットとデメリットは?

耳と顔の間にある、産毛のようなものがもみあげです。もみあげは、あってもなくてもいいような気がしますが、全くないと不自然になってしまいます。

もみあげ脱毛は、全体的に薄くすることも可能で、フェイスラインをスッキリさせ、印象アップや時短も狙えるのです。

そんなもみあげ脱毛の、メリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

もみあげ脱毛をすることで、フェイスラインがスッキリするので、小顔の効果が期待できるでしょう。

また、アップヘアなどでもみあげが目につきやすい横顔も、もみあげ脱毛によってきれいになるので、横顔美人になれます。

ヘアスタイルも決まりやすくなるので、出かける準備の時短になるメリットもあるのです。

デメリット

もみあげの自己処理は、ちゃんとしたケアを行わないと、毛穴が開き肌が汚くなってしまう可能性もあります。

また、利き手によって左右のバランスを整えるのが難しいので、失敗しがちです。

もみあげ脱毛は、脱毛サロンに通う方が、きれいに整えられます。

しかし、サロンに通うためには少なからず費用がかかるので、自己処理よりもお金がかかってしまうことも。

もみあげの理想的な形は?

小顔効果があったり横顔美人になれるなら、もみあげ脱毛やってみたいと思った方も多いでしょう。

せっかくなら、理想的なもみあげのポイントを見ていきましょう。

理想的なもみあげは、長さや太さ、濃さ、先端部分が重要!

もみあげの理想的な長さは、耳の穴から耳たぶの間までとなります。また、太さも比較的細目が理想です。

全体的に薄いもみあげが理想で、先があまり尖っていない、自然な丸みがあるとよりきれいなもみあげといえるでしょう。

もみあげを自己処理するには?

理想的なもみあげが分かったなら、自分で処理してしまいたいという人もいます。

自己処理をするは、細菌感染の恐れや皮膚の炎症の危険性が伴いますし、痛いので、除毛することをおすすめします。

除毛する場合には、下記の手順で行いましょう。

もみあげの自己処理のやり方

①もみあげだけを出す。

②くしを使ってもみあげの流れを整える。

③除毛する場所にマーキングする。

④シェーバーで除毛開始。

⑤保湿で感染予防をして完了。

カミソリは危険ですので、シェーバーで肌を極力傷めないように除毛するように気をつけてください。

もみあげ脱毛をする際のおすすめサロン

お金はかかるけど、毎回もみあげを自己処理するくらいなら、脱毛サロンで脱毛したいという人もいるでしょう。

しかし、もみあげの脱毛って痛みを伴うことが多く、髪の毛に近い場所や、もみあげが太かったり濃かったりしても痛みが増します。

出来たら、痛みの少なくて安全に脱毛出来るサロンがいいです。

もみあげ脱毛におすすめサロンを3つ紹介します。

脱毛ラボ

脱毛ラボでは、S.C.C脱毛という方法を行っています。

S.C.C脱毛は、傷みがほとんどないことが特徴なので、もみあげ脱毛でも痛みが少なく、安心です。

ディオーネ

ハイパースキン脱毛という脱毛を扱っており、とても肌に優しく脱毛出来ることが特徴です。

敏感肌でも大丈夫。痛みも、子供が受けられるくらいの刺激の弱さです。

エステティックTBC

エステティックTBCは有名な大手脱毛サロンです。

アフターケアもしっかりしていますし、技術力も高いのでおすすめできます。

顔専用の脱毛コースがあることも特徴です。

Tags

ライター