ヴィンヤサヨガとは?:流れるようなヨガをしたい人おすすめ!

現在、私たちの周りには驚くほど多くのヨガの種類があります。

雑誌やDVDなどで何気なく目にするヨガにもそれぞれ名前があったりしますね。有名なヨガのポーズは、ハタヨガというヨガから派生したヨガが多いです。

今回はアシュタンガヨガというヨガから派生したヴィンヤサヨガについて詳しくみていきます。

アシュタンガヨガというのは最も伝統に沿ったヨガで決まったアサナ(ポーズ)を繰り返しおこなっていくヨガです。

呼吸と連動させて流れるように動きます。また、運動量が多いため、中級~上級者向けと記載しているヨガスタジオも多いです。

ヴィンヤサヨガとは?

ヴィンヤサヨガとは、アシュタンガヨガから派生したヨガの種類です。

特に創設者はいませんが、世界的に5名ほどの代表的な指導者がいます。

ヴィンヤサの「ヴィ」が特別な方法で「ンヤサ」が場所へを意味します。

ヴィンヤサヨガの特徴

伝統的なアシュタンガヨガをベースに創造的で自由な動きを取り入れたヴィンヤサヨガのスタイルはアメリカで生まれました。

呼吸の流れに乗って流れるようにポーズを取っていくところが特徴です。

おおもとのアシュタンガヨガは常に力強い動きをしていきますので運動量はとても多いです。

一方ヴィンヤサヨガはそこに創造性を加えているため指導者のレッスンの構成で力強く動いていくのか、瞑想状態を作ることに重点をおくのか、全く内容が変わります。

その中でも共通しているのはポーズからポーズに移る時には一貫性があり、流れるようにおこなっていきます。

前のポーズが次のポーズの準備になっているのも身体のことを考えた流れを重視したヨガといえます。

ヴィンヤサヨガの効果とは?

先程話した通り、ヴィンヤサヨガは運動量が他のヨガに比べて多いため全身の内側の筋肉であるインナーマッスルをとても強く鍛えることが出来ます。

また、次のポーズのことを考えながら呼吸にも意識することで集中力が高まり、最後まで動ききる精神力が養われるでしょう。

強度が高いためしっかり身体を動かしたあとのリラックス効果はとても高く、リフレッシュしたい人にもおすすめです。

ヴィンヤサヨガを動画で紹介!

実際にヴィンヤサヨガを動画で紹介します。

このポーズはヴィンヤサヨガの特徴でもある流れるようにいくつかの動きを取り入れて、流れるように呼吸とともにおこなっていくのです。

1つ1つポーズを見ていくと

・腰掛けのポーズ
・ダウンドッグのポーズ
・英雄のポーズ2
・リバースウォーリア
・パールシュワコーナサナ 
・トリコーナ-サナ(三角のポーズ) 
・パールシュワコーナサナ

の順番で動きが組まれています。

1つ1つの動きが前後の動きと連動していることに気づきましたか?ポーズは難しいものもありますが、まずは動画のガイダンスにしたがって動いてみてください。

このように、同じヨガでも考え方や目的が違うと動きも変わってきます。

ぜひ皆さんがヨガを選ぶ際の参考にしてみてください。 

記事の著者

健康・病気の悩みをもっと見る