むくみの原因とは?:全身のむくみは病気の可能性も

お酒をたくさん飲んだ次の日や朝起きてすぐなど、むくみが嫌だという方は多いのではないでしょうか。

むくみについて悩む女性は多くいます。

顔や足のむくみは、気にしたことが多い部位かもしれませんが、それ以外の他の部位もむくみます。

単なるむくみならマッサージなどで治りますが、むくみが原因のひとつとされている疾患もあるのが、むくみの怖いところです。

今回は、むくみについて詳しく知るため、むくみの起きる原因やむくみを伴う病気について紹介します。

日常生活から考えられるむくみの原因

同じ姿勢を長時間とることや運動不足は、むくみの原因になります。

本来地球には重力があり、何もしなくても水分は下半身に溜まっていくのです。

下半身に溜まった水分を上半身に戻すために、大事になってくるのがふくらはぎ。

ふくらはぎの筋肉量が少ないと、水分を押し上げるポンプの力が弱くなるので、むくみやすくなるのです。

同じ姿勢を取っている方が多い方は、筋肉量が少ないことも多いため、足がむくみやすくなると言われています。

適度な運動をして、筋肉量を増やすといいでしょう。

むくみの原因:部位別編

むくみの原因として言われているのが、血行不良や身体に溜まった余計な水分(リンパ)が溜まってしまうこと。

リンパとは、血管とはまた違うリンパ管というものの中を流れるもので、体内の老廃物を身体の外に出す役割があります。

つまり、むくんでいる状態というのは、血液や老廃物が滞っている状態のことをいうのです。

まずは、各部位のむくみの原因について見ていきましょう。

むくみの原因:顔

顔のむくみの場合は、睡眠の取りすぎということが原因として考えられます。

日中は重力で、顔に水分が溜まるということはあまりありません。

寝ているときはその逆なので、睡眠を取りすぎた次の日は、まぶたが腫れているように顔がむくむという方がいます。

むくみの原因:指

指輪を毎日している方は気付きやすいかもしれませんが、夕方になると指輪がきついという経験がある方も多いのではないでしょうか。

それは、指もむくんでいるという証拠。

中には、朝から指がむくむという方もいるくらい、むくんでいる方が多い部位が指です。

指のむくみの原因は、腕のむくみからくると言われています。

むくみの原因:腕

では、腕のむくみはどのように起こるのでしょうか。

最近よくあげられるのが、同じ姿勢で長時間触ってしまうスマートフォンの使いすぎが原因によるものです。

実はリンパには、血液を送り出す心臓のような機能がなく、リンパを流すのは、リンパの周りにある筋肉です。

その筋肉は、運動不足や同じ体勢をすることで固くなってしまいます。

そこから腕がむくみ、そのむくみによって指までリンパや血液の流れが悪くなり、むくんでいくのです。

むくみの原因:足

夕方になると、靴がきついと感じることは、女性には誰もが経験したことがあるはずです。

特に、デスクワークや立ち仕事など、日中ずっと同じ姿勢を取っている方には足のむくみが気になる方は多いでしょう。

デスクワークや立ち仕事で、足に重力がかかり、足の筋肉が硬くなることによって、リンパの流れが滞りむくみが起こります。

むくみをともなう病気

女性にとっては、むくみは身近なものという方が多いのではないでしょうか。

しかし、むくみには病気のサインとも取れるものも含まれています。

では、むくみにはどんな病気が隠れている可能性があるのでしょうか。

肝臓、腎臓の疾患

血液内の水分量を調節する役割の成分が、身体の中では腎臓と肝臓で作られています。

その肝臓と腎臓の機能が低下している場合、血液内の水分量をうまく調節できなくなってしまうのです。

水分量をうまく調節させることができないことによって、むくみを生じさせます。

全身がむくむときには、注意が必要です。

記事の著者

美容・スキンケアの悩みをもっと見る