眉毛のセルフ脱毛のやり方は?:おすすめサロンもご紹介

眉毛は、頻繁にケアを行う場所ということもあり、セルフケアを行う女性は多くいます。ピンセットを使って眉毛を抜いて、形を整えている方も多いでしょう。

ピンセットと鏡さえあれば、眉毛を抜いていくだけで、自分の理想とする眉毛を作れるので、慣れてしまえば簡単です。

しかし、実は自己流で眉毛を脱毛していると、細菌に感染しやすくなったり、まぶたのたるみの原因になったりします。

今回は、正しい眉毛の脱毛方法について見ていきましょう。

眉毛脱毛の正しいやり方

自分で眉毛を脱毛するときには、ピンセットと鏡だけでは皮膚に負担がかかります。

正しい眉毛脱毛のやり方について見ていきましょう。

用意するもの

・蒸しタオル

・鏡

・ピンセット

・冷水

・化粧水

・コットン

1.蒸しタオルで毛穴を開かせる

毛穴が開けば開くほど、ピンセットで脱毛した時の痛みは軽減されます。

また、毛根からむだ毛を処理しやすくなりますので、次に処理するまでの間隔も延ばせます。

2.眉毛のラインを決め、鏡とピンセットで脱毛

キレイな眉毛にするためには、あらかじめ眉毛の形のラインを引いておくと便利です。

ラインの引き方は、眉頭は目頭の真上をスタートし、眉山は、黒目の外側が高くなるようにします。

そして眉尻は、目尻の延長線に平行になるように引きましょう。

ラインが書けたら、余分な眉毛を抜いていきます。

脱毛する時には、毛の流れに逆らわずに脱毛すると、炎症や痛みが少なくキレイに抜けます。

3.眉毛を冷やす

脱毛をすると少なからず痛みがありますが、これは冷却することで早めに抑えられます。

冷却方法は、コットンに冷水を濡らして脱毛した所に当てるだけで大丈夫です。

4.保湿をして完了

脱毛後は、必ず保湿をするようにしましょう。

脱毛した後は細菌が入りやすくなりますので、保湿をして外部の細菌が入らないように、肌のバリア機能を高めましょう。

美しい眉毛の形とは?

せっかく自宅で脱毛するなら、美しく魅力的な形になれるように脱毛したいものです。

実は、眉毛の美しい形は顔の輪郭によって変わります。

輪郭別の、理想の眉毛の形を見ていきましょう。

丸顔の場合

丸顔の場合は、眉毛も緩やかにしてしまうと全体的にメリハリのない顔になってしまいます。

そのためにも、シャープな眉毛が理想です。

シャープな眉毛を作る時のコツは、眉山の所で大きく山を書かないことです。

そして、眉頭と眉尻を平行に保ちましょう。太い眉毛はあまりオススメ出来ません。

エラが張っている場合

エラが張っていて、顔の輪郭が四角形の場合は、下がり眉を作りましょう。

こうすることで、小顔効果が発揮されます。

コツは、眉頭よりも眉尻が下に来るようにして、出来るだけカーブを緩やかにすることです。

面長の場合

面長の輪郭の方は、眉毛をストレートにするのがおすすめです。

ストレートにすると、顔の長さが目立たなくなります。このストレート眉を作るコツは、眉山を作らないことです。

眉毛の太さは太めにして、まっすぐな線になるようにしましょう。

眉毛の脱毛におすすめの専門サロン

自宅でも眉毛の脱毛は可能だということは分かりましたが、やはり一番安全で自分に合った眉毛を作ってくれるのはプロの脱毛サロンです。

最後に、眉上・眉下・眉間の全ての脱毛が可能な、おすすめの脱毛サロンを紹介します。

湘南美容外科

低価格で脱毛が出来ることが特徴です。勧誘も少ないです。

有名な美容クリニックなので、安心して通えます。

エステティックTBC

脱毛専用サロンなら、エステティックTBCです。

ニードル脱毛では自宅でのケア用品も購入出来ます。

アリシアクリニック

低料金でカウンセリングが丁寧だと評判なのが、アリシアクリニックです。

無料カウンセリングも行なっています。

Tags

ライター