気になるアイライン(Iライン)脱毛とは?:おすすめのサロンやクリームも紹介

多くの女性は、腕や足から脱毛をすることが多いですが、デリケートゾーンのVIOラインが気になる女性は多いでしょう。

最近ではVラインだけでなく、アイライン(Iライン)の脱毛も主流になってきています。

アイラインとは、女性のデリケートゾーンのムダ毛のひとつで、生理による経血によって汚れやすい部分です。

アイラインの脱毛と聞くと、いかにも痛そうな感じがしますが、今では痛くない脱毛サロンも登場しています。

今回は、アイラインの脱毛について紹介します。

アイライン(Iライン)脱毛のメリット

アイラインの脱毛には、清潔度がアップするなどメリットは多数あります。

アイラインの脱毛をするメリットを見ていきましょう。

ショーツからむだ毛がはみ出さない

アイラインの自己処理もしていない場合、ショーツからむだ毛がはみ出てしまうことがあります。

脱毛しておけば、このような恥ずかしさや心配からは解放されます。

生理の時でも衛生的

生理のときには、ムダ毛にも経血はつきます。

でも、仕事中には何度もトイレに行っていられません。

脱毛しておけば、ムダ毛にからんで不衛生になることもありません。

ムレが少なくなる

ムダ毛があると、どうしてもショーツの中は蒸れます。

そのため、細菌も入りやすくなりますが、脱毛しておけば蒸れる心配はありません。

感度が高くなる!

ムダ毛を処理することで、感度が高くなる女性は多いです。

これは、直接皮膚への刺激がダイレクトに届きやすいためです。

アイライン(Iライン)脱毛のデメリット

アイライン脱毛のデメリットは、脱毛のときに痛みを感じることです。

次に、デメリットも見ていきましょう。

痛みがあるときも

脱毛時には、痛みがある場合もあります。これは、他の皮膚よりも薄いことと、ムダ毛が濃いことが原因です。

光脱毛などでは、黒いものに反応して毛根を死滅させます。ムダ毛が濃く、また色素沈着も多めのアイラインは、脱毛すると痛いことがあります。

生理時の不快感が増すことも

アイラインの脱毛によって、皮膚には直に経血がついてしまうことになります。

生理のときの衛生面は改善されても、経血が付くことが気持ち悪いと感じることもあります。

アイライン(Iライン)脱毛は自宅でできるの?

アイラインなんて恥ずかしくて他人にやってもらいたくないという人は、自分で脱毛したいと思うでしょう。

気になるアイラインのセルフケアについてと、アイライン脱毛におすすめの脱毛クリームについて見ていきます。

アイライン(Iライン)脱毛を自宅で行うやり方

残念ながら市販品の中で自分で脱毛をするクリームは発売されていません。

セルフケアが可能なブラジリアンワックスでは、脱毛できるときもありますが、脱毛後の赤み、痛みもあり危険です。

自宅で行うにはどうしたら良いのかというと、抑毛効果のあるクリームを選ぶことがおすすめです。

自宅でアイライン脱毛を行うときは、抑毛効果のあるものを使い続けることがポイントです。

おすすめのクリームは「メルティーヴィーナス」

自宅で行うアイライン脱毛におすすめのクリームは、メルティーヴィーナスです。

このクリームをおすすめする理由は、一般的な除毛成分であるチオグリコール酸カルシウムを配合しつつ、抑毛効果のある成分が3種類も入っているからです。

口コミでも抑毛効果が高いと人気です!

アイライン(Iライン)脱毛を受けられるおすすめサロン

自宅では、アイラインの脱毛は抑毛までしか出来ないことが分かったなら、やはり脱毛はプロの脱毛サロンにお願いするのが最適です。

でも、出来ることなら永久脱毛で、痛みの少ない人気の脱毛サロンでお願いしたいという方におすすめのサロンは、下記の3つです。

ディオーネ

こちらの光脱毛では、高熱の光で脱毛しないため痛みが少ないことが特徴です。

敏感肌の方でも通える脱毛サロンなので、皮膚の薄いアイライン脱毛にはおすすめのサロンです。

ミュゼプラチナム

脱毛時には抑毛のジェルを塗ってもらえます。このジェルが直接光をダイレクトに肌に当たらないようにするため、痛みも軽減出来ます。

ミュゼプラチナムは、店舗数も多く通いやすいのが魅力です。

ジェイエステ

スライド式の照射になることと、冷やしながらの脱毛になるので痛みも少ないです。

店内もきれいで清潔感があるので、ゆったりくつろげるサロンが良い方にもおすすめです。

Tags

ライター