VIO脱毛とは?VIO脱毛のメリットとデメリット:自宅処理ではなく脱毛サロンに通うことがおすすめ!

これからの暑くなる季節は、デリケートゾーンを清潔に保てるVIO脱毛がおすすめです。VIOラインをお手入れすることで、デリケートゾーンの雑菌を減らし、不快感を軽減することができます。

また、1度お手入れに慣れてしまえば、2回目からはスムーズに行うことができる部位でもあります。

今回は、そんなVIO脱毛のメリットや脱毛方法を紹介します。

VIO脱毛とは?

まずはVIOとはどこの部位を指すのか説明します。

どの部位も、アルファベットの形に似ていることから、VIOラインと呼ばれています。

Vライン

Vラインとは、ビキニラインとも呼ばれる、太ももの付け根から上の三角形の部位のことです。

水着を着る際に1番気になるラインでもあります。

Iライン

Iラインとは、女性器の両側にある2本のラインのことです。

Oライン

Oラインとは、肛門周りの部位のことです。

VIO脱毛のメリット

VIOラインの脱毛をすることによって、たくさんのメリットが生まれます。特にVIOラインはデリケートなゾーンではありますが、ムダ毛によって清潔に保てないことがあります。

VIOラインの脱毛によるメリットを主に2つ紹介します。

雑菌の繁殖を防ぐ

デリケートゾーンの雑菌の原因は、ムダ毛です。

そのため、ムダ毛を少なくすることで、嫌な臭いやかゆみなどを軽減することができたり、生理のときにもデリケートゾーンを清潔に保つことができます。

水着を堂々と着れる

暑くなってくる季節は、思い切り海ではしゃぎたい、プールでデートしたいと思う方もいるかもしれません。しかし、ムダ毛のお手入れをしていないと心配ですよね。

事前にVIO脱毛を行うことによって、ムダ毛の悩みから解放され、自信を持って肌を出すことができます。

VIO脱毛のデメリット

一方で、VIO脱毛のデメリットはあるのでしょうか。VIOラインの脱毛の1番のデメリットは、形を整えすぎることです。

一般的にIライン、Oラインは完全に脱毛することが多いのですが、Vラインを整えすぎて毛が少なくなりすぎると、温泉など人目につくところでは、少し恥ずかしいかもしれません。

また、自分でVIO脱毛を行う場合、デリケートゾーンの脱毛であり、自分ではよく見えないため、カミソリやシェーバーで肌を傷付けてしまう恐れがあります。

さらに、脱毛クリームは非常に手軽ですが、デリケートゾーンなど皮膚の薄いところや、粘膜に使用することはできません。

VIO脱毛を自分で行う場合には、お風呂場などのなるべく明るいところで処理をして、デリケートゾーンに刺激を与えないよう気を付けましょう。

自宅でVIO脱毛を行う方法

自宅でVIO脱毛を行いたいときに1番おすすめなのは、電気シェーバーです。刃が小さめのため、Vラインなど広い範囲を脱毛するには少し時間がかかりますが、

肌を傷付けるリスクが少なく、また刃が湾曲しているため肌にも当てやすくなっています。そのため、Iライン、Oラインなど自分ではよく見えない部位でも、きれいに脱毛することができます。

VIO脱毛の理想の形

VIO脱毛を行う際にポイントなのが、VIOラインの形です。

I,Oラインは先述のとおり完全に脱毛することをおすすめしますが、Vラインは人によって好みの形があるでしょう。

男性ウケがよい形はナチュラルといわれており、あまり整えすぎない、脱毛前の形のまま毛を減らした形です。この形は、あまり手を加えすぎないため、VIO脱毛初心者でも簡単に作ることができます。

VIO脱毛でおすすめの脱毛サロン

銀座カラー 銀座本店

VIOセットならお好きな回数、または脱毛し放題から選んで脱毛できるので、効果が出にくい人でも安心です。

VIO脱毛には抵抗があるかもしれませんが、カウンセラーの方が分かりやすく説明してくれ、痛みもありません。

まずは、無料カウンセリングを受けてみてください。

  • 住所東京都中央区銀座 4-2-2第1弥生ビルディング 3F
  • アクセス地下鉄銀座駅(丸ノ内線・銀座線・日比谷線)のC8出口ビル直結
  • 料金>VIO脱毛セット 月額7100円
  • 営業時間平日 12:00~21:00、土日祝 10:00~19:00
  • 定休日なし
  • 電話番号0120-360-286
  • 銀座カラーで気軽にVIO脱毛する

    記事の著者

    美容・スキンケアの悩みをもっと見る