ハタヨガとは?:その効果やおすすめポーズを解説!

ヨガを現在おこなっている人、これから始めてみようかなと考えている人、すでにヨガにはたくさんの種類があります。

自分が今どの種類のヨガをおこなっているのか、またこれから何を取り入れていきたいのか迷う人も多いでしょう。そこで、まず基本的におすすめなのがハタヨガです!

ハタヨガって何?効果があるの?と思った人へ。今回はハタヨガの意味、効果やおすすめのポーズを紹介します。

ハタヨガとは?

身体を動かしておこなうポーズや瞑想ポーズのアサナ、そして安定した呼吸法からなるものです。

現在の日本でもっとも多くヨガのレッスンとして開催され、すべてのヨガの流派の基本となっているいわばヨガの元祖のヨガ!

ほかのヨガとの違いは?と言うより、もはやすべてのヨガの基本となっています。

「HATHA(ハタ)」の意味

ハタとはサンスクリット語です。ヨガのアサナポーズの呼び方はサンスクリット語が使われています。

ハha=太陽、タtha=月を意味しています。太陽と月は心と身体、相反する象徴的な存在として使われます。その他にもハが吸う息、タが吐く息をさします。

ヨガという言葉は縛る、結ぶ、繋ぐという意味のサンスクリット語に由来しています。ハタヨガは相反する2つを結びつけて調和をとることを目的にしています。

ハタヨガの歴史

ハタヨガの歴史は長く、その起源は諸説ありますが、生まれはインドで紀元前10世紀~13世ごろ、ゴーラクシャ・ナータが開祖しインドの密教徒たちによってはじめられ広まったといわれています。

その後、近代ヨガの父、クリシュナマチャリヤ師がインド初のヨガの学校を開講しハタヨガを考案しました。

修行法の1つである悟りのポーズが、いつしか心身のバランスを調整するヨガになっていったのです。

ハタヨガの効果

ハタヨガはアサナポーズと呼吸から出来ています。体幹を鍛え、身体を柔らかくしたり血液や体液の流れをスムーズにして体調を整えたりします。

また、呼吸を安定させることで自律神経を調整してイライラなどの感情を抑えたりと、私たちの身体の内と外、両方からアプローチをしてくれます。

つまり柔軟性とバランス感覚のアップ、血圧の安定、うつやストレス予防、腰痛の改善など嬉しい効果ばかりです。

ハタヨガおすすめポーズを動画で紹介

実際に動画でハタヨガのポーズを紹介します。

キャットアンドカウ

四つん這いの姿勢から肩と骨盤を固定してお腹と背中を上下させます。

お腹周りの引き締めにたいへん効果的です。また、肩と骨盤を固定することで副交感神経にアプローチ出来てリラックスすることが出来ます。

呼吸とともにゆっくりとおこなってください。

キャットアンドカウのポーズは背中を心地よく伸ばすので、朝の寝起きにおこなうと気分がスッキリしますよ。

記事の著者

健康・病気の悩みをもっと見る