初心者もできる簡単なヨガの方法:ヨガで大切な呼吸法についても紹介

現在全国で男女、年齢を問わずに誰でも気軽に始められるヨガが大変人気です。

その種類も多く、レベルも初心者から上級者に分かれており、自分に合ったヨガを選ぶことができるのも魅力の1つだといえます。

ダイエットや体力づくり、自律神経を整えたりと様々な目的でヨガを始める人も多いです。

これからヨガを始めてみようと考えている方に向けて今回、初心者でもすぐに始められる簡単なヨガのポーズを紹介します。

ヨガポーズに必要な呼吸法

ポーズに入る前にヨガでとても大切な呼吸法について述べていきます。ヨガは呼吸とポーズの組み合わせで出来ています。

ヨガには様々な呼吸法がありますが、お腹に息を吸い込んで膨らませ、息を吐きながらお腹をへこませる腹式呼吸が基本となり、初心者にはおこないやすい呼吸法です。

腹式呼吸のポイントは下の3つになります。

・呼吸するときの姿勢はしっかりと骨盤を起こし、背筋を伸ばして姿勢を正し、吸った空気がしっかりとお腹に入るようにします。

・吸う息と吐く息の長さを同じ長さにします。

・始めの頃はお腹に手を当ててしっかりとお腹が膨らんでいることを確認してみてもいいです。

ポーズを取るときにはこの呼吸法を忘れずに、長くゆったりとした呼吸を心がけてみてください。

初心者でもできるヨガポーズ一覧

ここからは初心者でも簡単におこなえるヨガのポーズを紹介します。

ポーズ一覧

・安楽座(スカーサナ)
 簡単に言うと「あぐら」のことです。ヨガにおいて座位のポーズの基本姿勢でもあります。

・チャイルドポーズ
 四つん這いから踵とお尻をくっつけて座り込むポーズで、心と身体のリラックス効果があります。

・ガス抜きのポーズ
 仰向けになり両膝を両腕で抱え込むポーズです。名前の通りお腹に溜まったガスを抜いて便秘解消に役立ちます。

・合せきのポーズ
 あぐらの状態から足裏をピタッとくっつけておこなうポーズです。股関節が硬い方におすすめです。

・キャットアンドカウ
 四つん這いから呼吸とともに背中を反ったり、丸めたりします。背中の筋膜を気持ちよく伸ばすことが出来ます。

・ねじりのポーズ
 安楽座のポーズから上半身を呼吸に合わせて左右にねじるポーズです。女性が気になるウエスト周りの筋肉にアプローチします。

・山のポーズ
 立位のポーズの基本となるもので一見するとただ立っているように見えますがきちんと筋肉を使っており奥が深いポーズです。

・立ち木のポーズ
 片足立ちになってバランス感覚を養うことが出来るポーズです。お腹、お尻の引き締めにも効果的です。

・三角のポーズ
 足を腰幅に開いて上半身を左右に倒すポーズで普段伸ばせない身体の側面を気持ちよく伸ばすことが出来る、人気のポーズです。

・屍のポーズ(シャバーサナ)
ヨガの最後に休息として用いられるポーズです。仰向けに寝て身体の力を抜き、リラックスします。

ヨガのポーズには初心者向けのものから上級者向けまでとても多くの種類があります。今の自分に合ったポーズを選んで、呼吸法とともにヨガを楽しんでいってください。

記事の著者

運動・フィットネスの悩みをもっと見る