基本のヨガポーズ5選:初心者でも難しくない!

現在、様々な種類のヨガがおこなわれています。しかしヨガを始めたいけれど難しいと感じてしまう方も多いと思います。

また、初めてヨガをされる方は何がヨガのポーズなのかたくさんの種類があり選ぶのに困ってしまうことも多いです。

そこで今回はヨガの基本となるポーズを5つ紹介していきます。

これからヨガを始められる方、ぜひ参考にしてみて下さい。

ヨガの基本となるポーズ

ヨガにおいて基本となるのが姿勢です。正しい姿勢を取り、保つことが基本です。

初めてヨガをおこなう時は、基本的で簡単なゆったりとしたポーズを無理なくおこなうことがおすすめです。

ヨガのポーズには初級から上級まであります。急に難しいポーズや強度の高いポーズをおこなってしまうと身体を壊すだけでなく無理をしてしまい楽しくなくなり、ヨガが嫌いになってしまいます。

なのでまずは現在の自分の身体の状態を見ながら無理なくおこなっていくことが大切です。

ここからは実際にポーズを紹介していきます。

安楽座スカーサナ(あぐら)

基本的にヨガでは自身の座りやすい座り方で良いのですが、座位のポーズを取る時のスタンダードな姿勢として、スカーサナというポーズを紹介します。

このポーズはほかにも瞑想をおこなうポーズでもあります。

やり方としてはあぐらを組むだけです。

・両坐骨を均等に床につけます。
・骨盤を立て、背筋をしっかりと引き伸ばします。

合せきのポーズ

前で紹介したスカーサナから簡単に取れるポーズで、股関節を柔らかくすることが出来る座位の基本的なポーズです。

①足裏同士をぴったりと合わせます。
②足全体を手で掴んで背筋を引き伸ばし息を吸います
③息を吐きながら上半身を前屈させてそのまま3~5呼吸おこないます

山のポーズ

立位のポーズの基本となるポーズです。見た目にはただ立っているだけに見えますが注意すべき点が多く、奥が深いポーズです。

①両足を軽く開いて立ちます。この時、両腕は身体の体側に自然に沿わせておきます。
②片方の足に重心が偏らないようにしっかりと足の裏全体で床を踏んでいきます。
③腰が反らないようにお腹に力を入れて骨盤を真正面に向けます。このときあごは軽く引いておきます。

チャイルドポーズ(腕を伸ばした子どものポーズ)

ヨガのポーズとポーズの間に身体全体を伸ばすポーズとしてよく用いられます。また、休息をとるうえでも効果的なポーズです。

①正座で座り、そこからバンザイをするように両手を伸ばして両手を床につきます。見た目は土下座のような姿勢です。
②体重をお尻側にかけて小脇、背中を伸ばします。

キャット&カウ(猫のポーズ)

ヨガでも定番のポーズです。体幹を使いながらも首から背中全体のストレッチが出来て、猫背などの姿勢の改善にも効果的です。

①四つん這いの姿勢を取ります。
②息を吸いながら肋骨を広げて目線を斜め前に向けます。この時腰を少し反らした姿勢になります。
③その後息を吐きながら目線はおへそを覗き込んで背中から引っ張り上げられるように背中を曲げます。

Tags

ライター