感度は抜群?生理後のセックスの特徴と注意点

女性の中には、生理周期によって驚くほど体のコンディションが変わる人がいます。生理後に性欲が高くなったり、はたまた全然したくならなかったり、人によっても様々です。

今回は、「生理後のセックスは気持ちイイ?気持ちよくない?妊娠しやすいの?」など、生理後のセックス(性行為)についての疑問をまとめてみました。

生理後のセックスの特徴

まず生理後のセックスの特徴について紹介します。

セックスの感度が上がる

生理の後は、気持ちのいいセックスができる1週間だと言われています。

この時期は性欲も高まるので、ムラムラとする女性が多いようです。生理から解放されて、セックスに対する感度もあがるので、いつもより気持ちの良いセックスを楽しめます。

もちろん男性の性欲がさまざまなように、女性の性欲もさまざま。この時期に性欲が高まる人もいれば、そうではない人もいるので、女性によって異なる点に注意は必要です。

女性の体調もバッチリ!

この期間は、生理前・生理中の悩みから解放されて気持ちもスッキリする女性は多いハズ。肌の調子もよかったり、体も軽かったりと、体調もバッチリな期間です。

体調が良いので、いつもよりセックスが楽しめるという人もいるかも。

美容にもイイ

質の良いセックスをすることで、女性はきれいになれると言われています。

生理後の感度のイイ気持ちの良いセックスをすると、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが多く分泌されるためです。このエストロゲンが女性のらしい体つきにしたり、肌の調子をよくしたりと、女性にとって嬉しい美容効果をもたらします。

生理後にパートナーと愛のあるセックスを楽しむことで、きれいになりましょう。

生理後のセックスの注意点

しかし、生理後のセックスには注意する点もあります。

激しいセックスは避けよう

生理後のセックスは、一般的に調子がよく感度も上がる人が多いと言われていますが、あまりに激しいセックスは避けましょう。

女性ホルモンが大きく変化する時期でもあるので、無理をすると体調を崩すことがあります。過度なセックスをすることで、体調やホルモンバランスを崩してしまっては危険です。

お互いに気持ちのいいセックスを心がけられることが大切です。

出血することもある?

一般的に、生理後8日〜10日の間に女性は出血する場合があります。これは不正出血といい、排卵が起こるため一緒に出血をする場合があるのです。多量の出血ではない限り、すぐに心配する必要はないですが、不正出血が何度も続く場合は注意が必要です。

不正出血は、女性ホルモンのバランスが乱れているか、排卵する際に卵巣の表面が破れて起こる現象です。

ちょっとしたことで女性ホルモンのバランスは崩れてしまいますが、すこしでもおかしいかなと思ったら大きな病気が隠れてるかもしれません。

不正出血が続いたり、多量の出血、あるいは少しでも違和感を感じれば病院で受診することが望ましいといえます。

生理後のセックスのタイミングとは

生理後の8日〜14日が感度がよく、女性がセックスを楽しめる黄金期間になると思います。

しかし、生理後14日前後は排卵日にあたり妊娠の可能性が非常に高まります。女性は本能的に、排卵日に向けてセックスが気持ちよくなるように心と体のコンディションを上げていると言われます。

排卵日前後はセックスに対するコンディションが抜群の期間ではありますが、妊娠を考えていない女性は、この期間のセックスにはいつも以上に注意してください。

もちろん男性がコンドームをきちんとつけ、正しく避妊する必要があります。

最後に

女性の生理周期やセックスに対する知識をしっかり持つことで、パートナーとのセックスがいつも以上に楽しくなるはずです。

コンディションが整う生理後のセックスを楽しんで、パートナーとの性生活を充実させていきましょう。

Tags

ライター